HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ MURO 「Diggin' Heat 2011」
DSC02394.jpg

 え~、今週の書き出しも、いつも通りであれば仕事の愚痴から始まるのですが・・・書きだすのにも疲れるぐらい働いたので、今週は愚痴は無しにします(^^;)

 ただ、疲れた体を優しく包んでくれるナイスミックスで、今週の唯一の「癒し」でした(^0^)


DSC02395.jpg

 今週は、MUROさんが2011年の年末に、テープとCDで同時発売をした「Diggin' Heat」の2011年版を紹介したいと思います!

 紹介に至っては、色々とお世話になった方(Fさん、ありがとうございました!)から、このテープの収録曲に関する問い合わせを頂き、調べながら聴いてたら・・・凄い内容が良く、ちょうど疲れていた体に直撃してしまい、つい聴きこんでしまったので紹介をする運びになりました(^0^)

 ちょっと突然な紹介ではありますが、私の音楽趣味の大きな大きなバックボーンであるMUROさんの作品なので、気を引き締めて紹介をしたいと思います!

 まず、この作品は、ある意味の「リバイバル作品」としてリリースがされました・・・

 2011年はMUROさんのミックステープ作品がCDで集中的に再発があった時期で、90年代~00年代初期に制作されたMUROさんの名作テープが復刻され、ファンは狂喜乱舞したかと思います。
 それこそ、Diggin' Iceや今回のDiggin' Heatなど、テープでしか聴けなかった作品がCDで聴けるとあって話題になり、喜びながら購入した方が多いかと思います・・・私もその一人でした(^0^)

 そんな中、大事件だったのが、名作シリーズのCD再発に合わせて、そのシリーズの「新作」をリリースするとあり、ファンは更に狂喜乱舞しました!

 だって、そのシリーズが出て10年以上たっての新作で、そのシリーズを聴き込み、育っていった立場としては、新作が聴けることはこの上ない喜びです・・・
 それも、この新作が、テープ作品の再発の流れがあってか、作品のフォーマットが「カセット・テープ」に合わせて作られた(=A面とB面の2ミックス構成)ことが熱く、かなり興奮した記憶があります・・・当時の私は「こんな記事」を書くぐらい、興奮していました(^^;)
 
 当時を振り返ると、MUROさん自身はテープというフォーマットに対して凄い愛着があり、2003年~05年ぐらいですが、周りのDJ達がテープでのミックス作品のリリースを止めて、CDに切り替えていた中、MUROさんは最後までテープで作品をリリースしていた経緯があります。
 私自身、そのテープをオンタイムで購入し、その心意気も理解してたし、何よりも「ミックステープ」というマジックを引き起こす音楽においては、やはり「カセットテープ」というフォーマットが一番適していると思ったので、MUROさんのこのリリースには頭が上がりません・・・

 んで、結果的にはですが、2011年~12年のCD再発に伴う新作発表においては、Diggin' Iceと今回のHeat、そしてHeatin' Systemの3作がテープ基準で作られ、テープとCDが同時発売された作品になります。
 個人的に、この2011年新作は、テープ基準で作られた作品なので、オリジナルは「テープ」と考えており、一緒に購入したCDはあるタイミングで売ってしまいました・・・テープ馬鹿の誇りとして、この辺は譲れません(^^;)

 そんなわけで、今回、改めて聴いたら「やっぱりイイ!」と思ったので、Heatの2011を紹介しますね!


DSC02398.jpg DSC02399.jpg
DSC02401.jpg DSC02402_201604090932113c7.jpg

 まず、Diggin' Heatというと、作品を聴くと「思わず熱くなる/暖かくなる」内容になり、秋から冬や、ちょっと疲れている時に聴くと凄い癒される作品コンセプトがあり、MUROさんの代名詞ともいえるシリーズかと思います。

 それも、MUROさんが素晴らしいのが、様々なジャンルの有名無名の曲を駆使して、MUROさんにしか作れない選曲とミックスが素晴らしいんですよね・・・
 つまり、パッと聴いた時の素晴らしさと、その作品を深く聴けば聴くほど、作品のレベルの高さが伺える点があり、誰にも超えられません!

 この作品では、A面の一曲目から、この作品のジャケネタである「Heat / Whatever It Is」というスロー~ミディアム系のSoul/R&Bからスタートし、選曲の方向性も、そして掘りの深さにもヤラれます!!

 若干、話がそれますが、この作品においては、この「Heat」のジャケ使いにヤラれた方は多いかと思います・・・

 Heatに関しては、80年代初期に短期間活動をしたR&B系グループで、私自身は、MUROさんがジャケを使ったことで存在を知ったぐらい、あまり知られていないグループです・・・

 ただ、MUROさんにおいては、良い曲を引っ張ってくる「耳の良さ」もありますが、こういったジャケを「サンプリング」するセンスは、やっぱりMUROさんに敵いません!!
 このHeatもレコ屋さんで遭遇し、MUROさんがジャケを使ったのならイイのだろうと思って購入したら凄いイイんですよね・・・レコ掘りの鉄則ですが、MUROさんがジャケをサンプリングした作品は「間違えなし」です!!

 そして、話を選曲に戻しましょう・・・

 選曲の方向性としては、シリーズのリバイバル作品とあって、過去のテープ時代の選曲の方向性を残しつつ、2011年のMUROさんの視点が加わった選曲になっており、かなり素晴らしい選曲になっています!

 まず、いいな~と思うのが、結構MUROさんクラシックの曲が収録されていることで、個人的にはMUROさんからDiggin' Heatの一番最初の作品である「97年」で教わった「Archie Bell and the Drells / Don't Let Love Get You Down」 にはグッときました!
 この辺の思いは、世代によっては伝わりづらいかもしれないですが、リリースされた作品を何度も聴いたことで、その曲の良さを知ることは大変多く、MUROさんの関しては本当に多いです・・・特にArchie Bellはその代表格なので、そういった曲を入れてくれるのはファンとして純粋に嬉しいです(^0^)

 また、MUROさんらしい点として「選曲の深さ」もあります・・・

 この作品については、トラックリストがついてないので、自分の知識とShazam先生のお知恵をお借りして調べていましたが、Shazam先生でも分からない曲が多かったです・・・
 割とSoft Rockっぽい曲や、マイナーなSoulみたいな曲が分からなかったのですが・・・そういった分からない曲ほど「カッコいい」「気持ちいい」曲が多いんですよ・・・う~ん、ヤラれます!

 ただ、選曲の深さを私の視点で指摘すると、古くはネタ曲でしたが、今となってはModern Soul~Boogieラインでも重宝できる「Kleeer / Intimate Connection」や、ベースラインがカッコいい後期MFSBの隠れた一曲である「MFSB / Manhattan Skyline」など、渋いところを突いてきます!

 表現としては「LPの隠れた一曲」ですね・・・ただ、私としては「UKのみ12inchあり」といった渋いラインにヤラれました!

 特にMFSBにはヤラれました・・・全然知らない曲かと思い、週末にレコ屋にLPを探しに行こうと思ったら、Loftクラシックでもある「Mysteries of the World」のUK12inchのB面に収録で、しっかりレコを持っていました・・・
 う~ん、こういう私以外は全く関係のない視点ではありますが、こういったことを含め、MUROさんの掘りの深さにはヤラれます!


DSC02397_2016040910125023c.jpg DSC02396_20160409101248270.jpg

 そして、そういった選曲を踏まえて、作品全体について紹介しましょう・・・

 選曲的には、スロー~ミッドを中心に、SoulやR&Bを中心にジャンルを超越した選曲で、メローでありつつ、暖かい内容にまとめられ、聴いてて大変心地よい選曲になっています。

 例えば、これまたMUROさんクラシックな「The Blackbyrds / Mysterious Vibes」のように、メローでミステリアスな、一聴すると下向きとも思える曲も、その曲に含まれる豊かな音楽性を引き出すようなプレイで・・・聴いてると「ほっこり」しちゃうのが不思議です!
 かなり雑多な説明なのが申し訳ないですが、この聴いててなぜか「ほっこり」しちゃうのがHeatの選曲の魅力であり、MUROさんの魅力でありますね・・・う~ん、素晴らしい!

 そして、Heatというと、聴いてて「心を鼓舞する」選曲も聴きどころだと思います・・・

 この作品であれば、Garage~Houseファンには無くてなならない永遠の名曲「Ms Sharon Ridley / Changin'」を、ダンスフロアーのマナーに従って、少しの悲しさも含ませながら、熱く、情熱的にプレーしているのが素敵です・・・いや~、聴いてて「頑張ろう!」と素直に思うプレーが素敵です!!

 これもMUROさんの上手さですが、和ませる選曲をしつつ、その流れからこういった選曲をすることで、ピークを演出してて、プレイした曲がメチャクチャ光るんですね!
 テープ作品時代は、こういった選曲は顕著で、私の言葉であれば「殺しの選曲/ミックス」になるのですが、サラッとChangin'を入れてくる・・・それも全然知られていない(=Shazam先生が理解不能な)曲の間に入れてくる辺りにもヤラれます!!


DSC02404.jpg

 そんなわけで、全然レコの準備をせずに、自宅にあったレコだけで紹介をしましたが、ここまで書けたのには、私もビックリしました(^0^)
 う~ん、私の知識も、紹介の腕も上がったのかな・・・これもMUROさんからのご指導を真摯に受け止め、黙々と修行をした結果だと思います!!

 まず、今回の紹介は、ちょうど昨年からメジャーからのリリースとしてIceやHeatといった名作シリーズの新作がCDとテープでリリースしているので、この2011年作品を紹介するのにはタイミングが良かったかもしれないですね。

 ただ、今回の紹介を通して声を大にして言いたいのが・・・やっぱりMUROさんの作品は「テープ」で聴くと「その良さ」が倍増します!!

 それは、こういった暖かさを伴う作品ほど、テープで聴くことで、その暖かさが助長され、更に良くなると思います・・・
 なかなか科学でも、そして私の知識や言葉で説明が出来ないのが悔しいですが、テープだから発生する「マジック」はMURO作品ほど効果が絶大です!!

 今回紹介した2011年のテープ、実は市場ではあまり評価されていないようで、結構安い値段でテープは買えると思います・・・

 理由は様々ですが、一番の理由は、その作品の良さが「評価されていない」からでしょうね・・・

 もう、ここまでくれば、説明不要でしょうか・・・内容の良さはピカイチなので、テープ馬鹿の皆さまは、買いやすい時に購入することをお勧めします!!

 


<Release Date>
Artists / Title : DJ MURO 「Diggin' Heat 2011」
Genre : Soull、R&B、Jazz Funk、Rare Groove、Rock・・・
Release : 2011年11月
Lebel : King. Inc / Dopewax No Number
Notice : 2枚組のCD版も同時発売されています。




-------------------------------------------------
<独り言>

DSC02408_20160410211036936.jpg
DSC02407_2016041021103597b.jpg

 写真だけみると意味が分からないですが、ライオン先生は大変ご満悦になっています(^^;)

 え~、1月に報告をしましたが、大人のワンダーランドこと「ディスクユニオン」において、会員限定でその年の購入金額に応じて、ノベルティーをプレゼントする企画があり・・・やっと申し込んだブツが到着しました!!
 送付においては、予定より大幅に遅れてしまったようで、キャンペーンを開始した初年度が故のアレがありましたが、ライオン先生もご満悦なブツで、感謝感激です!!

 私は写真のレコードコンテナ(上)と、端数のポイントでポストイット(下)を応募しましたが、こういったのをタダでもらえるのは熱いですね!!
 コンテナがタダで貰えるのは大変熱いですが、値札を模したポストイットが地味に心に響きます・・・こういった「直球勝負、投げる球カーブ」なデザインは大変好きです(^0^)

 まあ、これを貰うに至っては、年間で恐ろしい金額をワンダーランドに投資しているので、冷静に考えると「もの凄い高い頂き物」なんですよね・・・

 でも、こういった企画は、素直に嬉しいし、ブログ的にもネタになるし・・・それ以上に、ユニオンが元気な証拠になると思いますので、大変、嬉しいです!

 ちょうど来週の土曜日はレコードストアーデイ(Record Store Day)で、色々なお店が盛り上がりを見せていますが、ユニオンも色々と企画をしているみたいですね・・・

 N村さんのおられる下北では、ちょうどレコードガイドブックを発売した珍盤亭娯楽師匠によるインストアイベントが開催(本、凄い面白かったです!)されたり、ユニオン限定でPorterとコラボしたレコードバックを販売したり、かなり頑張っています・・・
 仕事でも何でもそうですが、何もないことから企画をしてイベントや物を作ることって、本当に体力も気負いも必要になるかと思います・・・それは、ほんと根気がいることで、元気がないと出来ないことだと思います・・・

 ユニオンについては、大変なことも多いですが、やっぱり「元気」ですね・・・これからも「元気」でいて欲しいです!!

 そして、元気の先としては、私たちが「欲しい!」と思わせる品物をお店に並べることが重要になります・・・それには、お店の店員さんの「腕」が大変重要です・・・

 お店の店員さんとしては、逆にプレッシャーになるかもしれないですが、今年もこのプレゼントぐらいは投資をしたいと思いますので、是非、ゴツいのを仕入れてくださいね!!

 では、今週はユニオンを褒め称える独り言でした(^0^)










スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
懐かしい
MUROの直球勝負?一球入魂?
だったかを昔DJ gossyやったかdouble k
だったかのミックステープに入ってたのが好きで聴いてました。
一球入魂?って曲もCD化されてるのでしょうか?
ぶしつけな質問ですいません(p_-)
2016/09/22(木) 16:57:47 | URL | やま #-[ 編集]
Re: 懐かしい
>やまさん

コメント、ありがとうございます!
ご質問を頂いたMUROさんの曲は、なんとも判断がつかないですが、おそらく「三者凡退」だと思います。
参考 https://www.youtube.com/watch?v=7ByISpffLjI さんぴんキャンプでのライブ
  (トラックは別の曲です)

この参考では2曲を歌っていますが、前半が三者凡退ですね。これかな??
なお、三者凡退だと、1996年にリリースしたアナログ盤だけで、CDは確かリリースされていないはずです・・・

では、ご参考にどうぞ~

今後とも宜しくお願いいたします。
2016/09/23(金) 21:54:50 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
ありがとうございました
三者凡退‼︎

YouTube確認しました
三者凡退muroで検索したら
アナログ盤も出てきてウキウキしながら聴いてます。
クラブとかに行くでもなくただただ
服屋に置いてあったmixtapeを車で聴いて
走り回ってたことを思い出しました。
ありがとうございます。
2016/09/27(火) 08:15:38 | URL | やま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック