HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
Timmy Regisord 「Shelter 2016」 (@contact 2016/06/04)
DSC03184.jpg

 いやいや、久しぶりに土日がしっかりとお休みな週末・・・遊びに関しては、自分のためにしっかりと遊んで来ましたよ(^0^)

 デイタイムの遊びは下の独り言で書きますが、こちらはナイトタイムの遊び・・・しっかりと踊ってきましたよ~


DSC_0128.jpg

 今回は、4月に出来た新しいクラブ「渋谷Contact」で行われたTimmy先生のダンスに参加してきました!

 まず、Contactですが、昨年末ぐらいからこのブログを追って頂いている方なら、何となく分かるかと思いますが、少し説明をしておきますね・・・

 Contactは、渋谷の道玄坂の途中にある地下駐車場(!)を改造して作られたクラブで、東京で「真剣に踊っている」立場からすると、東京の「ダンス/クラブ」の遺伝子を引き継ぐクラブになります。

 オーナーは、西麻布Yellowをプロデュースし、その後、代官山Air、渋谷Vishionなどを立ち上げた東京クラブ界の良心ともいえる村田大造さんで、スタッフにはYellowの遺伝子を引き継いだ西麻布eleven→代官山Airのブッキングを担当した市川祐子さんが入るなど・・・もはや、歴史が引き継がれたクラブになります。
 昨年末、代官山Airがクローズし、東京のダンスの灯(ともしび)が消えてしまったかと思い、悲観に暮れていた春先にオープンの一方が届き、歓喜したのは言うまでもありません・・・この辺の話は、よく愚痴ってましたね~(^^;)

 んで、Contact自体は、オープン直後に行われたFrancois Kさんのオープニングパーティーが諸事情で途中で終了したことを受け、翌日、急遽開催されたデイタイムパーティー「Deep Space」に数時間参加し、フロアーで踊った瞬間に「私の居場所はココだ!」と確信しました・・・

 表現で行けば「Yellow~eleven~airが渋谷に帰ってきた」で、音響や踊りやすさ、クラブの雰囲気などは間違えなく、早くちゃんとした形で踊りに行きたいな~と思っていました・・・

 そんな中、東京のクラブシーンを支え続けた代官山Airがクローズする際、渾身のロングセットでAirに別れを送りつつ、次のダンスがあることを教えてくれたTimmyがContactでプレイ・・・行かない訳がないですね(^0^)
 なんか、この情報を聴いて、Timmyが「東京のダンス(=Contact)のために帰ってきた」というイメージがあり、素直に嬉しかったです・・・私としては、Timmyに昨年末のお礼を伝えに行くために踊りに行った部分も大きいです!

 そんなわけで、パーティーレポです!


DSC_0130.jpg

 昨日は、普段よりも早い10時30分には会場に到着しました・・・理由は、翌日(今日)の日中、朝から実家で用事があり、どう考えても朝の6時までしかいれないので、その分、入る時間を早くした次第です(^^;)

 まあ、早く入ると少し安く入店できたり、大好きなDazzle DrumsさんのDJが聴けたり・・・そして、初めてのお店なので、お客さんの波がどんなもんなのかが読めなかったので、早く行った部分もあります・・・

 そんなわけで、到着し、着替えを済ませ、速攻でメインフロアーへ・・・いや~、踊りやすい!

 Contactは、私の表現でいくと、西麻布Yellow~Elevenっぽい構造を踏まえつつ、代官山Airや渋谷Vishionの趣向を入れてくる感じで、凄い馴染みやすいクラブだな~と思いました。

 メインフロアーは、往年のYellow~Elevenのフロアーのような開放感がありつつ、適度に暗く、そして鉄板な木の板が敷いてあり、凄い踊りやすいです・・・
 そして、スピーカーは、Airで使用していたと思われるRey Audioで4対でフロアーを囲むようなセッティングで抜群です・・・4月に行った時はHouse系の音がどうだろう?と思っていましたが、入ってDazzleさんのDJを聴いた瞬間、Houseらしい「ドンシャリ」がしっかりと出ていて、確実にチューニングを深めていった印象があります。

 んで、メインフロアーから廊下を移動すると(ここはVishionっぽい)開放的なBarスペース+ラウンジスペースとサブフロアーがあり、往年のYellow~Eleven~Airのように、楽しくお酒を飲みながら、みんなで騒いでいる感じです・・・
 
 Cotactはお店の意向(この記事の下を参照)で、メイフロアーには①ドリンクの持ち込み禁止、②喫煙禁止、③撮影禁止になっており、おのずとお酒を飲みたい、煙草を吸いたい人はコッチへ行くようになっています・・・
 この点は、後でも指摘をしますが、個人的には大賛成が半分、う~んが半分ですかね・・・ただ、Barスペースの盛り上がり方は往年のYellow~ElevenのBarを見ているみたいで、ちょっと嬉しかったです!

 ちなみに、お店の全てが撮影禁止ではないのですが、一応、お店の意向を踏まえ、今回はあまり写真を撮りませんでした・・・なので、ブログ的には地味です(^^;)


dd_000.jpg DSC03185.jpg 

 では、実際のダンスの話をしましょうね~

 10時30分に着き、速攻でフロアーに行き、まだまだ空いているフロアーで準備運動・・・オープンはDazzle Drumsさん(Nagiさん、タイミングが合わず、お声をかけられないで、すみませんでした!)がDJで、間違えないプレイでした!

 毎度の「踊っていて気持ちいい」プレイが秀逸で、踊り始めてすぐに「The Brand New Heavies / Never Stop」がプレイされ、この夜が「止まらない」ものと思い、序盤から頑張って踊ってしまいました・・・

 ただ、私がイケないのですが、このContactの「勝手」が分からず、要所要所で心が折れてしまい、かなり休憩をしながらのダンスで・・・Timmyのプレイも含め、ちょっと不完全燃焼だったかも?

 まず、私の読み違えとしては、Air的なお客さんの入り方(夜中の1時頃には満杯になる)かと思っていたら、渋谷でも西麻布的(House的?)な入り方で、3時ぐらい、いやむしろ朝からでもイケる感じなんですよね・・・
 DazzleさんのDJで踊っている間、踊っていてもお客さんはそんなには増えず、少ないが故にちょっと踊りづらい状況(分かりますか?)が多く、それで疲れてしまった部分があります・・・

 また、もう少し、この話を展開すると、かなりフロアーも広いので、相当な人数が集まらないとイケないのに対して、オープン間もない状況が故に「お店にお客さんがついていない」んでしょうね・・・

 そのため、昨夜のフロアーは、相当な「ハウスエリート」なダンサーが多く、凄いポジディブな空気感ではありましたが、心に灯がともるほどの熱さはなく、ちょっと残念でしたかね・・・

 また、お店への苦言になるかも知れないですが、ドリンクを持ち込み禁止にしてるのは大きいですかね・・・

 この点、踊る側としては大変ありがたいことではあるのですが、お酒を楽しみながら踊りたい方はBarに溜まってしまい、メインに来ないんですよね・・・なので、昨日はBarの方が盛り上がっている印象がありました。
 あくまでも「メインフロアーで踊る」という視点からの指摘ですが、他の細かいところでも改善して欲しいところはあり、人が少ないとメインの入り口からの明りが気になって踊りづらい(+やる気のない門番スタッフの暇な姿が見えて踊る気がなくなる)など、まだまだ調整とビルドアップは必要なんだな~と思いました。


tr_000.jpg DSC03186_20160605145329da6.jpg

 そういった踊ることに対してマイナスな要素がある中、Timmyが12時30分頃よりプレイ・・・結論を書くと、序盤はかなり苦しいプレイでした。

 Timmyファンなら分かるかと思いますが、プレイしててTimmyが「Tシャツを脱がない」んですよ・・・

 つまり、Timmy自体が「ノッていない」感じのプレイが2時間ぐらい続き、踊っている側としても気持ちが高ぶらない状況でした・・・

 Timmyについては、まず、初めてのプレイだったこともあり、どういうプレイの仕方がイイのかを試しながらプレイしてる感じで、全然攻めてこないんです・・・

 そして、そのことに付随して、フロアーに灯がともらず、みんなが「気持ちを込めて踊っていない」んですよ・・・この表現が正しいかどうかは分からないですが「負の悪循環」のような状況でした。

 この時間、私としても相当辛かった時間です・・・踊りたいんだけど、なんか気持ちの入らない状況で、奥のソファーで落ちながら踊っていました・・・

 ただ、あることを思いだしました・・・踊って声を上げることで「フロアーから」火をつければイイじゃん、と・・・

 ちょうど、先週でしょうか、Dazzle DrumsのNagiさんのTweetで「私が行ったShelterはダントツでお客さんが主役だった。Timmyにガンガン文句言ってたし、最高な時の皆のダンスは凄かった。土曜日もそんなパーティになれたら。」という書き込みがありました・・・

 そう、フロアーはDJが引っ張るんじゃない、踊っているダンサーが引っ張るんだ・・・ということです!

 この点が分かってか、スタッフの市川祐子さんがかなりフロアーにきて踊っていたと思います・・・
 なんか、この祐子さんの姿を見て、私も少しだけスイッチが入り、2時ちょい位から気合いを入れて踊り始め、なるべく声を上げるようにしました・・・

 そして、3時、やっとTimmyがTシャツを脱ぎました・・・こっからのTimmyが凄かったです!!

 徐々にペースを上げていたのは分かっていましたが、お得意のボトムの強いトラックの上で、アカペラのせをやり始め、Joeのプレイで開眼した「Donnie McClurkin / Get back up (We Fall Down)」のような渋いゴスペルなんかを挟みつつ、いつものTimmy節が聞こえてきます・・・

 クラブが持っている音が音だけに、Timmyの本来のプレイにはマッチングし、強烈なグランドリズムを鳴らし始め、Tシャツを脱いだ辺りから本気で踊り始めました・・・
 どんな曲がプレイされてたかは分かりませんが、とにかくTimmyのグルーブに乗せられ、かなり踊っていました・・・まあ、Timmyの18番な歌モノはあまり飛びださず、とにかくグルーブで踊ってた感じでしたが、やっぱり気持ちいいな~

 なお、帰る直後の6時ごろになると、相当、Shelterらしいスモーキーな雰囲気(分かりますか?)になっており、時間があって、心が折れてなければ、神聖なサンクチュアリで踊っているようです・・・う~ん、もうちょっと踊りたかったな~


tt_000.jpg DSC03187.jpg

 ただ、今回の「私の」ダンスにおいては・・・Timmyが主役ではなかったかもしれません。

 3時ぐらいからBarに隣接するサブフロアーでプレイする「高橋透さん」がとにかく最高で、だいぶ透さんのプレイに心が洗われました!!

 まず、透さんについてはちょっと説明しておかないとイケません・・・日本のクラブ界の「ゴッドファザー」ですから!

 高橋透さんは、70年代末位よりDJを開始した大御所で、日本で「クラブ」という存在を広めた張本人の一人になります。
 80年代に渡米し、現在の「クラブ/ダンス」という存在/行為を発展させたクラブ「Paradise Garage」を体験した数少ない日本人DJで、帰国後、そのスピリットを体現すべく、伝説のクラブ「芝浦Gold」のオープンに一役を担ったお方になります・・・詳しくは、透さんの名著「DJ馬鹿一代」をご参考ください!

 んで、肝心のプレイは・・・なんと「アナログオンリーのガラージ/ダンクラセット」で素晴らしすぎました!

 プレイを開始した辺りで様子を窺いに行ったら、既に「Ecstasy, Passion & Pain feat. Barbara Roy / Touch And Go」をプレイしてて、聴いた瞬間に「ヤバいだろうな~」とは思いましたが、一応、Timmyがメインだったので、この時点では透さんで踊ることは控えました・・・

 ただ、4時30分ぐらいに行ったら、Bar付近はお酒を楽しむお客さんで盛り上がってて、大変華やかな状況で、その中でブっ込みで「Dan Hartman / Relight My Fire」をイントロ(=Vertigo)からプレイ・・・コレにはヤラれました!
 
 Dan Hartmanがプレイされたころは、透さんがGoldでプレイし、ダンスミュージックの素晴らしさを「教わった」世代の方が多く、それこそ、Contactのオーナーである村田大造さんが普通におられ、皆で盛り上がっていました・・・

 今回、Timmyが、いつもながらではありますが、直球は投げてこなかった分、透さんの直球プレイは最高で・・・そのままサブで踊り続けてしまいました(^^;)

 プレイされた曲は、私のツボ過ぎで、You Should Be Dancin'、I Got Feeling、Smack Dab in the Middle、そして本当はTimmyが十八番であるAny Loveなど、永遠に色あせないガラージが多く、感涙です・・・
 もー、プレイの仕方が上手すぎで、しっかりとBPMをキープしながらプレイするんだけど、あくまでもラウンジ(サブフロアー)を意識して、その曲がピークで光るような上げ気味のBPMではなく、あえてちょっとBPMを落としたプレイが渋すぎ・・・やっぱり「ゴッドファザー」でした!!


DSC_0135.jpg

 そんなわけで、時間厳守な実家用事だったので、6時になったらフロアーの引力に引かれつつも、Contactを後にし、小雨の降る6月の朝の渋谷を後にしました・・・

 今回に関しては、私自身の状況も不完全だったので、100%楽しめたとは言い切れないですが、かなり気持ちよく踊れた時間も多かったので、良かったかな?

 ただ、Contactという「クラブ」を考えると、これからのクラブなのだと思います。

 お店を育てるという表現は、私が使ったら大変失礼かもしれません・・・ただ、私も一人の「ダンサー」として、お店の一助になれば幸いです・・・


 後で聞いた情報だと、今日のTimmy、お昼の2時頃までやってたみたいです・・・
 あの状況で、よく2時までプレイしたTimmyと、そこまで残ったダンサーと、そしてお店側の「根性(スピリット!)」にはビックリしました。
 
 そうなると、楽しみにしちゃうのは、私としてはEmmaさんとJoeさんです・・・うん、日本で、Joeの本気のプレイが聴けるのは、ココかもしれません・・・

 私の中では、Joe先生の東京でのプレイが3年前のelevenで止まったままです・・・あの素晴らしいJeoのプレイは、西麻布で止まったままです・・・
 是非、ダンスミュージックを「本気で愛する人が集える場所」として期待するからこそ、Joeのプレイを聴きたいです・・・是非!!



 ではでは、ダンスの報告でした!!



---------------------------------------------------
---------------------------------------------------
<独り言>

DSC_0124.jpg

 なんか、4月末に行ったDannyのパーティーの独り言でも、テープのセールの話をしてますね・・・ダンスとテープセールはセットなんでしょうか(^^;)

 そんなわけで、独り言aka釣果報告です!!

 昨日は、テープ馬鹿としては信頼が厚いN村さん擁する「ユニオン下北沢クラブ店」にて、かなりまとまった本数のテープが放出されるセールが開催されるとあって、参加してきましたよ!

 事前情報では、前回のMUROさん級にゴツいのは出ないけど、とにかく本数と種類がある内容で、私も欲しいのが結構あり、かなり楽しみにしていました・・・
 その甲斐あって、並ぶ人はいないだろうと思ってはいましたが、遠足が楽しみな小学生イズム(?)で、朝の8時30分には現地到着・・・しばらく自分の人生を考えながら待っていました(^^;)

 そんなわけで、整理券が配られる直前で、テープセールは久しぶりな否さんと合流・・・蓋を開けたら2人だけの開戦で、今回は一人鉄火場モードでした・・・

 では、戦利品を・・・

DSC03193.jpg

 おかげさまで30本オーバーの釣果で大満足です!!

 今回は、個人的な目標として「抜け番があるテープシリーズで、その番号があれば揃うテープ」が結構出ていることが分かり、その回収が第一目標でした!
 それこそ、Kayaさんの80'sや、DDTさんのテープシリーズ、渋いところだと元オジロのTOMOさんのシリーズなど、やっと穴が埋めることが出来たので一安心です!

 また、毎度の楽しみである「事前情報なしの出品」も熱く、Zhaneの2ndアルバムのテープアルバムなど、結構ボムなのが多かったですね!
 この辺で渋いところだとDJ Ryow(aka 、Smooth Current)さん関連のテープアルバムなど、そんなのあったんだ!的なのも掘れ、ニンマリです(^0^)

 その他、海外物など、かなり面白いのが抜けて嬉しいです・・・3000本を超えても、知らないテープが沢山あるんだから、困ったものですね(^^;)

 まだまだ結構本数が残っており、割とR&B系のテープで、市場であんまり出ないFavorite/Trustyなどのテープがお手頃価格で本数も多く出ていましたよ・・・興味のある方は是非!

 あと、あえて写真には載せませんでしたが、隣の下北店で、かなり欲しかった達郎さんの某テープが遂にゲット出来ました・・・
 こちらは、今年の夏あたりに紹介することが確定(やっぱりテープで聴くと最高だった!)したので、しばらくお待ちくださいね・・・


DSC_0119.jpg

 あと、何となく作っただけなのですが、局地的に評判を頂いたので、こちらでも紹介をしますね・・・

 今回も散財をさせていただいた(?)我らのユニオンでは、先週末より、あの「Tuxedo(タキシード)」のライブDJミックスを収録したCDをノベルティーで出し始めました・・・もうちょいで終わっちゃうかな?

 早速、私も某店で頂き、聴いてみたら・・・直球も直球なダンクラ~ブギーミックスにヤラれてしまい、即座にShazam先生とタッグを組み、トラックリストを作ってしまいました(^^;)

 聞いた時点で1/3は分かってたので、そんなには難しくなく、かなり楽しい作業でしたね・・・
 もー、調べるたびにタキシードのお二方のセンスの良さにヤラれました・・・あえてスルーしてた彼らの音源、そしてここ最近の新録ブギー系も掘る羽目(?)になりそうです・・・

 興味のある方は、上の写真をクリックすると大きくなるはずなので、ご参考にしてくださいね~ 

 あっ、下の方で、Snoopの曲が一曲分からなかったのは許してください・・・あと、あまり精査はしてないので、間違いがあるかも知れないです・・・


 ではでは、今週も頑張ろう!!







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自分は日程を知った時点で、朝から仕事&子供の誕生日なので泣く泣く今回は諦めました。
なので今回のレポ楽しみにしてました。
先月、ルイヴェガは行きましたが、contactは自分は好きですね。賛否両論あるでしょうが、フロアが禁煙なのとアルコールの持ち込み不可なのもダンスメインを目的としては集中出来ますし…
アルコールこぼしてフロアがベタベタするのが気になるんですよね(><)

レポ読んで、Gold世代としては高橋透さんのプレイが聞けてホント羨ましいです!

今週末はB&Sに参戦予定です 晴れるかなぁ

2016/06/06(月) 18:05:07 | URL | YELLOW #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>YELLOWさん

コメント、ありがとうございます!
子供のお誕生日じゃ無理ですよね(笑)
多分、Yellow~eleven~airを通過した方なら絶対にContactは好きになりますよね!
まだ、細かいところの詰めが甘いかな~と思う部分もありますが、入り口の地下へ潜っていく感じの階段もイイですよね・・・今後、色々とビルドアップしていくことを期待しています!

そして、フロアーの禁煙とドリンクの件は、私自身は大賛成なんですが、それで楽しめなくなってしまうお客さんも少なくはなく、その影響がフロアーに響いちゃう部分があると、簡単にうなずけないな~と思いました。
あと、書くのを完全に忘れていましたが、水だけは持ち込みOKにしてほしいっす・・・

そして、透さん、メチャクチャ素敵でした・・・今まで真剣に聞いたことがなかったので、今回のプレイは衝撃的でした・・・
Goldは、存在は知っていてもグルーブは知らない世代としては、独特のバイブがあるんですよね・・・なんか、若かりし頃、Yellowに行って、一回りも二回りも上の大人たちが、ガキよりも真剣に騒ぎ、踊っている感じがあります・・・う~ん、なんでしょう「悪い大人の匂い」って言うんでしょうか、今でも憧れます・・・

ではでは、今後ともよろしくお願いいたします!


追伸
B&S、私はお休みですが、晴れるといいですね!
是非是非、楽しんできてくださいね!!




2016/06/06(月) 23:58:47 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
shelter@contact !
自分は1時頃から参加しましたよ!

今回のパーティーは色々と考えさせられることが多かったですね。自分自身の在り方も含めて…。

大混雑でなかなか入店できないんじゃないかと思っていたのですが、お客さん少なかったですね。
そしてフロアの雰囲気も…。オープン当初のように「また何かあったのか!?」と思ってしまいましたよ。(^^;

自分もMTT さんのレポと大体同じようなことを感じながら過ごしていました。

Contact のダンスフロアは大好きです!すごくいい感じだと思います。
ただLouie vega のパーティーの時にも少し感じていたのですが、ダンスフロアが完全に隔離されてるという箱の構造は、今の自分にとっては思ったよりも大きな問題だったようです。

自分は喉の渇きを癒す時も、ちょっと一服する時も、トイレに行く時でさえもDJ のプレイとともに在りたいのです!
Contact はダンスフロアを離れると一気に現実世界に引き戻されるというか、それまでのストーリーが寸断されてしまうように感じるんですよね。
(少ししか聴いてませんが、バーフロアのDJ は素晴らしかったと思います。盛り上がってましたね!)

メインフロアへのドリンク持ち込み禁止、喫煙禁止、撮影禁止、大賛成です!
でもそれって我々客側のマナーの問題ですよね?
だとすれば……

何か愚痴っぽくなってきましたね。このへんで止めときます。(^^;

Tシャツ脱いでからのTimmy はヤバかったですね!カッコ良かったなー。(^^)
自分も最後まではいなかったのですが、14時過ぎまでやってたんですね!
本当スゴイな…。

またいいプレイを聴かせてほしいですね!
(^^)/

2016/06/08(水) 00:48:51 | URL | yo-yo #-[ 編集]
Re: shelter@contact !
>yo-yoさん

コメント、ありがとうございます! そして、おられましたか!!
やっぱり、同じことを思っておられましたか・・・私も「きっと混むだろう」と考えて、かなり早く行った部分もあったのですが、1時になっても空いてて、大丈夫なんだろうか?と心配になりました・・・それで、なかなか火がつかなかった部分があるかもしれませんね~
TimmyのDJも、それに連呼してる部分があり、最初のころのプレイはなんか辛かった・・・だけど、そこから耐えてからのTシャツ脱ぎ辺りは流石だな~と思いました(^0^)
んで、これまでも色々と書いてるのでアレですが、ドリンク問題というか、フロアーとバーの遠さだったり、フロアーが別になってる点は、微妙なバランスが必要で、難しいところですね~
考えてみれば、Yellow~elevenだと、バーとフロアーが離れてはいるけど繋がっていた(距離もそうですが、グルーブがですね)し、airだと、ミニバー横の男子トイレはフロアーと何となく繋がってましたね・・・トイレを待ってて、大好きな曲がプレ$イされ、思わず戻ってしまったことが何度かありましたね(^^;)

私も、書けば書くほど愚痴が増えちゃうのですが、私としてはお店は「お客さんが作る」としたいです・・・たぶん、yo-yoさんもそうだと思いますが、良識あるマナーと、クラブとDJとダンスに対する敬意と愛があれば、あのレベルの内容であれば、すぐに良いモノとしてなれちゃうのかな~と思いました。
それでいくと、しばらくは良質なイベントを打ちまくる感じになるんでしょうね・・・個人的には、海外の素晴らしいDJも呼んで欲しいですが、国内の素敵なDJ達で固めるパーティーなんかをやってほしいです・・・Dazzleさんも含め、素晴らしいDJが多いんだから!!

ではでは、シラフで書きましたが、長くなりましたね(^^;)
またフロアーでお会いしましょう!!
今後とも、よろしくお願いいたします!!



2016/06/08(水) 22:57:39 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
Contactって遅い時間までの営業って難しいのかなと思ってましたが、14時まで続いて良かったですね!timmy御大とスタッフさんにリスペクト!オレはあまり経験ないですが、やっぱり昼過ぎまでってのはgarageからの伝統ですもんね!

それにしてもここ数年は、硬い音やトラック物を中心にセット組むのが主流ですよね。あくまで好みの問題ですが、個人的には今回の高橋透さんのような堂々と積極的に歌モノやクラシックを掛けていくスタイルが好きですね。
90年代のtimmy御大のshelterでのライブ録音とかあれば、聴いてみたいなあ。

Tapeの方も絶好調のようで!
個人的にはzhaneの隣にあるafter7のベスト盤にアガリましたね!
ではまた!
2016/06/09(木) 13:23:11 | URL | Kyk #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>kykさん

コメント、ありがとうございます!
私も、朝の9時ぐらいまではやるのかな~と思ったら、14時ですからね・・・この時点で「モノホン」ですよね(^0^)
そして、私も堂々と歌モノをプレイできるDJは大好きで、今の時代だからこそ、凄いレベルの高いDJだと思います。
やっぱり、お客さん側が「歌」を知らないので、受けやすいトラックモノに行きますが、上手いDJこそ、ここぞというときに「歌」でトバしてくれますね!
Dannyはもちろんですが、Timmyも、ここ最近は「ここぞという時に」かける歌モノがヤバいっすよ(^0^)

ではでは、今後ともよろしくお願いいたします!


追伸
after 7に気付いて頂き、ありがとうございます!
その近くには、Rufusのベストテープも良かったです(^0^)



2016/06/11(土) 00:24:03 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック