HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Camilo 「Old School Reggae Part 1」
DSC03256_20160710141639b2a.jpg

 え~、日に日に暑くなってくるので、先週のDiggin' Iceみたいな「涼しくなる」ミックスを聴いちゃうんですが、段々と体が熱さに慣れてきたのか、ミックスも「夏の暑さを楽しむ」みたいのも聴いています・・・

 そんな背景があって、今週は割とレゲエを聴いていたのですが、やっぱりコレはいいな~っということになり、紹介です(^0^)

 HipHop出身者で、これを聴いて「レゲエが好きになった」とという方は多いかも?な大名作です!!


camilo_000.jpg

 今回は、アメリカの超ベテランDJである「DJ Camilo(カミロ?キャミロ?)」さんによる、クラシックなダンスホールレゲエを網羅したミックス作品の紹介です!

 まず、Camiloさんの紹介からいきましょう!

 Camiloさんは、NYを中心に活動するHipHop系DJ/Producerで、NYを代表するDJ集団「The Heavy Hitter」に所属する大御所になります。

 正直、日本での知名度はアレですが、アメリカでの支持は強く、クラブプレイで全米各地を飛びまわり、そして多数のラジオ番組を持つなど、超有名なお方ですね~
 それこそ、Camilo自身は、コロンビア系の血を引いたお方なので、HipHopにとらわれず、Latin系の音楽に明るかったことから、00年代中期ぐらいから盛り上がった「レゲトン」ブーム(HipHopとLatin文化が混ざった音楽、でいいかな?)を盛り上げた立役者としても有名で、アメリカのHipHopにおいてはかなり重要なお方かと思います。


DSC03257_201607101438058f5.jpg

 そして、Camiloさんも、いわゆる「ミックステープで名を上げたDJ」の1人で、90年代~00年代にかけて、多くのストリート向けミックステープをリリースし、その内容の良さから支持を受けていた方かと思います!

 内容的には「新譜中心」というカテゴリーになりますが、ラジオでは流れない「ストリートの音楽」を流布し続けていた点は素晴らしく、日本でも聴いてた方がおられるかもしれないです?

 特に、Camiloさんに関しては、先ほどのレゲトンに続く部分として、HipHopサイドから積極的に「レゲエ」をプッシュしてたDJとして有名で、レゲエをフューチャーしたミックステープも多くリリースしており、かなり評価を得ていたと思います。

 その代名詞が今回のテープになります!

 話が前後しますが、NYのHipHopシーンにおいては、レゲエという音楽は異なるジャンルとして扱ってはなく、むしろHipHopのDJでも積極的にプレイしていた音楽になります・・・

 それこそ、ミックステープを語る上で無くてはならない作品である「Kid Kapri / Old School Vol.1」でも普通にプレイされているし・・・よく使われている表現であれば「兄弟」といった関係だったと思います。
 特に、80年代前半から盛り上がり始めた「Dancehall Reggae」は、リズムの作り方だったり、DeeJay達の節回しがラップを参考にしている部分もあったりするので、必然的にHipHopとの相性は悪くなく・・・アメリカでHipHopを聴いていると、特に意識せずにレゲエも楽しんでいるような文化がありました。

 そんな背景があり、Camiloさんは積極的にレゲエのテープをリリースし、ストリートでかなり評価があったようです。

 あまりCamiloさんのことも、アメリカ(NY)のHipHopやReggaeの事情に詳しくないので、説明はこの辺までにしておきますが、聞いた話だと、NYのレゲエファンもCamiloさんのテープを聞いてた方はおり、かなり評価は高かったそうです。
 個人的な指標ではありますが、こういったストリート向けのテープって、リリース番号が長くリリースしてる方ほど、ストリートから評価がある(それだけ作品をリリースしても売れている)と考えているので、Camiloさんの実力も相当なものだったのだと思います・・・

 では、ちょっと、この辺の話を引き連れながら、作品紹介にいきましょう!

 なお、今回の作品紹介、やっぱり私のレゲエ知識が追い付かずで、結果的にはレゲエファンからすると「甘いね~」という内容です・・・その辺は詳しいお方に補足を頂きたいと思います!!


camilo_001.jpg camilo_002.jpg
camilo_003.jpg camilo_004.jpg

 まず、この作品はタイトルから分かる通り「クラシックなレゲエ」を扱った作品で、俗に言う「Dancehall Reggaeの黄金期」な80年代後半~90年代初期までのクラシックを集めた作品になっています。

 それこそ、あえて12inchで紹介しますが、借り物画像で上げた「Deborahe Glasgow / Champion Lover」「Wayne Smith / Under Me Sleng Teng」「Barrington Levy / Here I Come (Broader than broadway)」「Junior Reid / One Blood」など、レゲエファンからうすれば基礎中の基礎な楽曲が多くプレイされています。
 それこそ「ファンデーション」と称される、レゲエの「骨」となっているRiddim(トラック)や歌(節回し)が多く、レゲエに疎い方でも、聴いてみれば「何か聞いたことがあるぞ~」となる曲が多いですね~

 なお、あえて12inchで紹介したのは、これらの曲がJamaicaなりで作られた曲ですが、しっかりとUS版12inchがあるんですよね・・・一部、USじゃないのもありますが、それだけ、海を越えて、アメリカでもヒットしていた証拠かな~と思います。

 そして、ココが重要なのですが、Camiloのプレイを通して、こういったDancehall Reggaeを聴くと「もの凄く聴きやすく、レゲエの良さが分かる」内容になっていることです!

 パッと聴くと、割とレゲエ的なミックスで、いわゆる「ジョグリン系」のミックスをしてるのですが、聴いてると自然に耳に入ってくるんですよね・・・

 私としては、Camiloさんのレゲエのプレイが「HipHopを通過したレゲエ」だから聴きやすいのかな~と思っています・・・

 それこそ、この作品で象徴的なのは、レゲエを代表するRiddim「Sleng Teng」の使い方で、A面の最初の方で、Sleng Tengを使った曲を連続プレイをしているのですが・・・Sleng Tengのトラックをいわゆる「ブレンド」としてプレイをしているところがHipHopだと思いました。
 A面のド頭では、写真で紹介した「Deborahe Glasgow / Champion Lover」のアカペラに対して、Sleng TengのRiddimをインスト入れてブレンドし、そこから、そのSleng Tengのトラックを軸にして、Sleng Tengを使っている「Budy Bye」「Call the Police」、そしてSleng Tengの大本になる「Under Me Sleng Teng」に繋いでいきます。

 そのほか、細かい部分でもHipHop的なニュアンスがあり・・・HipHop出身者として非常に聴きやすく、大変良いです(^0^)

 私だけかもしれませんが、レゲエって「何度もトライしたけど、その独特の空気感についていけず挫折した音楽」なんですよ・・・私以外にも、同じような思いをした方っているんじゃないでしょうか?
 あまり明確に書けないですが、かなり独自の様式美があり、これについていけない部分があるんですよね・・・私も、結果的には今でも深くは理解してないのですが、やっと入り口は入れたぐらいだと思っています・・・

 その意味で、Camiloのプレイにおいては、レゲエのクラシックを潜在的なレベルでHipHopのグルーブを足してプレイしてて、これがHipHopを通過した耳だと大変聴きやすく・・・HipHopファンにレゲエの良さを伝えることが出来たのだと思います!!



 よく、このテープを紹介すると「HipHop出身者が、このテープを聞いてレゲエが好きになった」と言われますが、CamiloのHipHopグルーブが実はスパイスになってて、それで「聴きやすかった」というのが理由なんですね・・・

 私も、今回、深く聴いてみたら、結構ヤラれています・・・そろそろ、この辺のレコも掘らないと(^^;)

 ではでは、全然深く紹介出来ませんでしたが、レゲエが好きになる「きっかけ」になるかもしれないテープの紹介でした!




<Release Date>
Artists / Title : DJ Camilo 「Old School Reggae Part 1」
Genre : Dancehall Reggae・・・
Release : 1990年代初期~中期
Lebel : No Rebel No Number

Notice : Sleng Tengについて
 紹介文章では上手く落とし込めなかったので、ここで紹介しますね・・・
 レゲエ界の「Impeach the President」といっても過言ではないRiddim「Sleng Teng(スレテン)」ですが、もはやレゲエ系、いや広い意味でのクラブ系ライターの期待の星になっている「ソロバン」さんが、Rockers Channelの下記の記事で詳しく紹介しています・・・私も今回、かなり参考にしました!
 なお、ソロバンさん、あの「ミュージックマガジン」にディスクレビューをされた(快挙ですね!)そうで、ライターとしてもメキメキ頭角を現わしています・・・これからも頑張ってくださいね!

● 【祝30周年】リディム秘宝館 vol.2 〜SLENG TENG〜





--------------------------------------------------------
<独り言>

DSC03264_2016071016121590d.jpg

 いきなり、MUROさんのレジェンダリーなポスターが登場しましたが、割と短め(?)な独り言をひとつ・・・(^^;)

 え~、ここ数週間、実はある「悩み」と「迷い」を抱えながら、結構考えながら生活していました・・・それは、レコードのコレクターで、借り家住まいの方なら2年に1回の頻度で来る「悩み」と「迷い」です・・・

 それは・・・賃貸物件の「更新」です(^^;)

 ちょうど、8月のはじめが更新なので、不動産屋さんから連絡があり、6月中はちょっと悩んでいました・・・

 なぜなら、レコードやテープの収納量が結構厳しくなってきており、もう少し広い部屋に引っ越そうかな~と漠然と考えていたんですね・・・引っ越すべきか、とどまるべきかを考えていました。
 まあ、大した収入がないので、未だ借り家生活から抜けられない(レコとテープに投資してる限りは無理かな~)のが悲しいところですが、こういった趣味を続けている限り、レコードやテープの「収納スペース」は生命線なので、結構真剣に考えていました。

 結果的には、①収納をやりくりすれば「まだいける」こと、②仕事が忙しくて引っ越しどころではないこと、の2つの理由で、更新をすることにしました・・・
 
 まあ、②の理由は、正確に書くと「レコードやテープの整理&梱包に死ぬほど時間がかかり、仕事をしている時間を含め、とてもじゃないけど短期間で作業が出来ない」ことが理由ですね・・・
 う~ん、この辺の理由は、認めてしまうと「30過ぎて何やってるんだろう」ということをオフィシャルに認めてしまうことになり、なんか、私の中で踏ん切りがつかなかった所も今回はありました・・・レコード稼業も色々と大変です(^^;)


 そんなわけで、ある種の「あきらめ」がついたので、先日、某大先輩から御土産で頂戴したMUROさんのポスター(97年産!)がカッコよかったので、思わず額装してしまいました・・・う~ん、カッコいい!

 ただ、やっぱり飾れるところが無いんですよね・・・レコードもテープ、そしてCDや本も増える一方なので、どこかで限界が来ることは分かっていますが、とりあえず、今のお家で引き続き頑張りたいと思います(^^;)










スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これは知らなかった! へ〜、こんな人が居たんですね! 気になる……。

>レゲエって「何度もトライしたけど、その独特の空気感についていけず挫折した音楽」

これはもっともですww 自分も、もともとHIP HOP出身者なので(と言ってもベタな日本語ラップを聞きかじったぐらいですが……)、よく分かるのですが、基本的には「DJの技量」と言うよりは、「鬼レアなDUB!」とか、「山のようにそびえ立つサウンドシステム!」に重きを置く音楽文化なので、音楽的には破綻してるんです。スレンテンの話が出ましたが、同じトラックで延々やるのも自分はあまり好きじゃないです。だって普通にくどいでしょww 伝統的な、ワンウェイのセグで10曲連打とか〜。

まぁそこが良くも悪くも「普通の音楽」ではないということで、魅力を感じた面ではあるのですが……こと「ミックステープ」という表現方法で考えたとき、レゲエの作品で「いい!」と思えるものはかなり少ないのは確かですね!

だからこのブログを愛読してるんだと思います。


あと、ミュージックマガジンの件も、ご紹介ありがとうございました!!

そうなんですよ……いきなりメールが来て「これってドッキリじゃないのかな?」と、原稿出してからもずっと疑ってましたwww

この前「ウーフィン」でも書かせてもらったんですが、今年はネットを飛び出して、紙媒体での活動も少し増えるかな?って感じなんで、いい感じにできたらいいですね。またちょっと、見ててください!^^
2016/07/12(火) 02:38:27 | URL | ソロバン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>ソロバンさん

コメント、ありがとうございます!
まず、何度もトライしたけど、なかなか「好き!」ってなれないのが不思議なんですよね~
やっと「好きだ」と言えるようにはなりましたが、かなり紆余曲折してきたかな~と思っています・・・なんか、ミックステープでレゲエも聴いていますが、Houseの現場で体をえぐるベースラインに目覚めた辺りから、何となく理解してきたような気がします?

なお、探してみたら、mixcloudにアップされていることが分かったので、貼りつけておきます!
98年となってますが、多分制作は92~94年ぐらいだと思っています~
https://soundcloud.com/djcamilohh/camilo-old-school-reggae-from-98

ではでは、今後も執筆活動、頑張ってくださいね~
今後ともよろしくお願いいたします!




2016/07/13(水) 00:17:08 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック