HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
0152 Records 「Primavera 01 - 30 Killer Ska & Rocksteady」
DSC03789.jpg

 え~、毎週紹介している作品は、だいたいが月曜日の朝に、通勤時に聞くテープを選ぶのですが・・・特に脈略も無く、何となく「眼があった」テープを紹介します・・・

 今回の作品も眼があった作品ですが、以外にも春向きで、大ヒットでした(^0^)


DSC03792_20170226123548a4e.jpg

 今回は、既に営業停止になってしまったレゲエ系オンラインショップである「0152 Records(おいごに・レコーズ)」さんが作っていたミックステープの中から、オーセンティックなレゲエを取り扱った人気シリーズ「Primavera(プリマヴェーラ)」を紹介しますね!

 まず、0152さんですが、もはや古い人間(?)でないと知らない存在かもしれないので、簡単に紹介をしましょう・・・

 0152さんは、90年代末ぐらいから00年代末ぐらいまで運営をしていたレゲエ系のオンラインショップで、割と早い時期からオンラインを活用して営業をしていたお店になります。

 お店自体はCisco Recordsでレゲエを担当されていた武田さんというお方が独立をして立ち上げ経緯があり、まだ残ってたお店のブログによると「オールジャンル聴く人のためのレゲエセレクトショップ」として活動をされてたそうです。
 記憶などを辿ると、その点には納得できる部分があり、それこそオープン時の広告はCisco繋がりでシャカゾンビのOsumi氏が出たり、あのクボタタケシさんのテープを実はリリースをしてたり・・・ガチガチの「レゲエ」のお店ではなく、きっと「レゲエ」という文化を軸に、ボーダーレスに良い音楽を紹介していたお店だったようです。

 もっと詳しい話は、もはやレゲエ系ライターとして奮闘をしている「ソロバントンさんの過去記事」と、その記事に触発されて私が書いた「0152さんの記事(Reggae Hits Vol.1)」をご参照ください・・・

 そんな0152さんですが、お店での販売活動と並行して、00年代初期には多くのミックステープを作成しており、今となっては「ミックステープのレーベル(製作者)」としての印象が強いかもしれません・・・

 テープに関しては結構な本数を出していて、前述したクボタタケシさんの「Classics 01」「Classics 02」はプレス/流通を担当するなど、かなり精力的にリリースをしていたようです。

 特に、本筋である「レゲエ」に関しては、結構な量のテープを出していて、以前紹介をした「Reggae Hits」と今回紹介する「Primavera」は2大看板で、かなりお好きだった方が多いと思います。

 イメージとしては、直球でベタベタなレゲエが苦手な方でも好みそうな方向性だけど、中身は相当濃いレゲエが詰まっている感じで・・・お店の「オールジャンル聴く人のためのレゲエセレクトショップ」というコンセプトが生きた内容になっているかと思います。
 どの作品も、とにかくオシャレなデザインで興味を引きつつ、中身は60年代の~90年代のオーセンティックなレゲエを中心にセレクトされていて、結果的に内容が凄く良く、今聴いても全く古びない作品が多いですね・・・

 では、今回はPrimaveraの第1作で紹介をしたいと思います~


prima_01_01.jpg prima_01_02.jpg

 まず、このシリーズは、イタリア語で「春」を表すタイトルが付けられておりますが、割と古いレゲエを取り扱ったシリーズになり、それこそ60年代~70年代のSkaやRocksteadyを中心に取り扱ったシリーズになります。
 タイトルとの関連性は何とも言えませんが、私としては、春特有の「温もり」みたいな感じと、選曲した音楽がもつ「暖かさ」を関連付けて、このタイトルが付けられたのかな~と思います・・・

 ただ、内容は最高で、月曜の朝に聞いて、直ぐにヤラれてしまいました・・・特にタイトルを含めて、この作品に手を出した自分に対して「よくぞこのタイミングでチョイスしたな!」と褒めてしまいました(^^;)

 そして、内容的には、タイトルの副題通りに60年代~70年代のSkaやRocksteadyを集めた作品になり、DJミックスはされていないものの、素晴らしい選曲が聞きどころになっています。

 まず、選曲的には、私の知識では追いつかない部分があるため、あまり上手く紹介が出来ませんが、Ska~Rocksteady特有の温もりがありつつ、レイドバックした空気感が素敵すぎますね・・・
 それこそ、「Skatalites / Don't Slam The Door」「Jackie Mittoo / Killer Diller」などが選曲され、コレ系が好きな方なら悶絶する内容になっていると思います?

 まあ、資料として掲載した曲は、私がアーティスト名だけ知っていたのを拾っただけで、この作品の明確な紹介には繋がらないのですが・・・とにかく聞いていて「落ち着ける」内容なのがイイですね!
 ベタな表現ですが、今の時期みたく、春めいてきた暖かい午後に、暖かいカフェラテを飲むような感じでしょうか・・・暖かさの中にビターさと少しの甘さが溶け込んだ感じですかね・・・

 うん、Ska~Rockstedyが持つ人間味がありながら、ジャマイカらしい心地よさがあり、それらを「レゲエ」という視点を維持しつつ、ボーダーレスな「グッド・ミュージック」として取り扱っている感じが最高です・・・


DSC03791_20170226134939d07.jpg

 そして、そういった「グッド・ミュージック」を感じた大きな点は、選曲よりも、こっちの方が大きいかもしれません・・・

 このシリーズは、どれも録音が「モノラル」で収録されていて、これが凄くイイんですね!

 ここでモノラルの説明をするのは避けますが、モノラルで収録されていることで、SkaやRocksteadyといった音楽の「温もり」が倍増されている感じがし、この事実に気づき、更に好きになってしまいました・・・
 また、関連として、収録されている曲は、ほぼ全てがアナログから収録している為、ノイズ音がそのまま収録されており、これも凄くイイですね・・・もう、逆にノイズが楽器になってるぐらいの勢いで凄くイイです・・・

 今回、キーワードとして「オーセンティック(authentic)」という言葉を少し用いました・・・

 なぜ、用いたかというと、0152さんは、これらのグッド・ミュージックを「輝かす」ためにテープを作っているんだな~と強く感じたからです。

 まず、オーセンティックという言葉は、直訳すれば「本物」という意味になりますが、音楽用語としては「古びない、価値が変わらない」みたいな意味になり、その音楽が持つ良さは時代を超えても愛されていることを指します・・・
 その意味では、この作品で取り上げられた60年代~70年代のジャマイカ等で奏でられたSkaやRocksteadyは、時代を超えても愛されている点から考えて、非常にマッチした言葉になると思います・・・

 ただ、0152さんが作ったテープを聞くと、その意味を更に倍増させているんですよね・・・

 特に、紹介したモノラルだったり、ノイズありのレコードでプレイしていることで私は感じたのですが、その「オーセンティックさ」を輝かすために、作り手側が「愛」を持って作っている部分が非常に大きく感じました!
 それは、0152さんのブログを覗くと「これらの作品作りには相当な拘りがあった」点が分かりやすく、とにかく素敵な音楽を「古くさせない(=輝かす)」意識が強く、それが作品の良さに繋がっていると思います・・・

 そう、愛を持ってDJなり選曲をすることで「オーセンティック(古びない)」に「音楽を輝かせる」ことが出来るんですね・・・

 そのため、選曲の内容は細かく分からなくても、全体的なグルーブや空気感の作り方が半端なく、誰でも和める内容になっているのだと思います・・・う~ん、キラーすぎます(^0^)


DSC03790.jpg

 そんなわけで、作品自体の紹介は深くは出来ませんでしたが、外堀の情報(?)だけでも良さがお伝えできたかと思います。

 音楽というものは「音質」にこだわる必要はなく、音楽を発信する側と、音楽を受け取る側が、いかに「愛」を持って接することが出来るかが重要です・・・
 その点をクリアー出来れば、どんなに悪い音でも、最高の音楽を与える(受け取る)ことが出来ると信じています・・・

 今回、このテープを聞いて、改めてこういったことを思い直しました・・・

 考えてみれば、私のラジカセ1号機(ソニースポーツ)は、実は片側のスピーカーが壊れてて、何もしなくてもモノラルで聞けるというキラー仕様(笑)なんですね・・・
 ただ、この1号機で聞くミックステープは結構いいんです・・・それはモノラルの良さもあるかと思いますが、そういった「愛」の部分もあるのかな~と思ったりしました・・・



 そんなわけで、テープの紹介に戻って〆ましょう・・・

 これらの0152作品については、当時から好事家からの支持はあり、当時はボチボチ売れていた、と伺っています。

 そして、その支持は今も変わらずで、ここ数年ではテープへの人気が戻ってきたことから、0152作品を狙って集めている方が増え、結構ゲットするのが大変な部類かもしれません。
 特に、今回の「Primavera」だったり「Reggae Hits」のシリーズを揃えるのはかなり大変です・・・HipHop畑の人はあまり買ってなかったので、意外と市場に出ず、私も去年ぐらいに、一応は揃えることが出来ました(^^;)

 では、気になった方は頑張って探してみてくださいね~




<Release Date>
Artists / Title : 0152 Records 「Primavera 01 - 30 Killer Ska & Rocksteady」
Genre : Reggae(Ska、Rocksteady・・・)
Release : 1999年ごろ?
Lebel : 0152 Records No Number


Notice : 作品リストについて

 今となっては謎が多いレーベルなので、作品リストを作ってみました。よろしかったらどうぞ~

● 0152Records 作品リスト






-----------------------------------------------
<独り言>

DSC_0600.jpg

 この流れで、この御大のお写真はどうなんでしょう・・・すみませんね~(^^;)

 え~、今週は、敬愛をしている「みうらじゅん」大先生と「いとうせいこう」大先生による「ザ・スライドショー」のドキュメンタリー映画が公開されたので、早速、見に行ってきましたよ~

● 映画 ザ・スライドショーがやって来る!「レジェンド仲良し」の秘密


 まず、スライドショーとは、みうらじゅんさんが「これは!」と思った内容を撮影し、それをスライドで投影して、みんなで爆笑するというイベントで、お好きな方も多いかと思います・・・
 私自身、凄い行きたいイベントなのですが、なかなか行けず、そのイベントの録画や、みうらさんの本を通してヤラれています・・なんでしょう、一言で「あんた、おかしいよ!」ですよね(^0^)

 特に、マイブーマーである「みうらじゅん」という視点の作り方が重要で、自分が「面白い」と思ったことを、自分のフィルターを通して表現しているところは、まず最初に笑うことが含まれつつも、表現をする側として物凄く影響を受けています・・・

 それは、私のブログのテーマである「ミックステープ」や「DJ文化」がそうですが、どんなにマイナーなものでも、自分が「面白い」と思ったモノであれば、恥ずかしがらず、むしろ胸を張って自分のフィルターを通して「表現」することを学んだんですね・・・
 その一端が、このブログになりますが、ほんと、誰も見向きをしないモノを、発想一つで面白くしてしまうことは重要です・・・DLさんの「Everything Dig I Gonna Be Funky」にも通じる姿勢で、ほんと、みうらさんには頭が上がりません!


 そんなわけで、少し固い話を挟みましたが、週中の息抜きで新宿の映画館に行ってきましたよ~

 当日は、私としては「息抜きに行く→笑いに行く」というつもりだったので、とりあえずビール片手スタイルでの観覧で、とにかく笑わせて頂きました!

 往年の名ネタも多数紹介されてて、今のユルキャラ・ブームの根底を作った「ブンカッキー」や、伝説の宅配弁当屋「瑠璃仙」のチラシなど、いや~面白かったです!

 なんか、私の世代だと、映画館とか舞台に「笑いに行く」というのがギリで知っている世代かもしれないですね・・・

 それこそ、私は小堺一樹さんと関根勤さんのラジオ「コサキン」を聞いていたので、故・水野晴郎監督の名作「シベリア超特急」は映画館に行き、ワカッてる方々と爆笑をしながら見ていたのは良い思い出です・・・
 また、コサキンのイベントも、何回かは行って、ラジオでは絶対に放送できないラビーのヒドイお話には悶絶しました・・・

 そして、スライドショーの映画でも、分かっている方は少し声をあげて笑っています・・・うん、多少の迷惑はあるのですが、あの時の「一体感」は意外と気持ちイイんですよね~

 やっぱり、笑うことも大切ですね・・・ブログでも「笑い」を大切にしながら、頑張っていきますね!!




 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつも楽しみに拝見させていただいてます。最近はユニオンに行く暇が無いですが、少しずつ幅を増やしてます。ところで、ムロさんのテープがタワレコで出ましたね。大丈夫だと思いますが、以前気付かずに販売されてたという文面がありましたので、厚かましいですが情報までです。
次のブログも楽しみにしてます。
2017/03/03(金) 18:25:52 | URL | XXXL #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>XXXLさん

コメント、ありがとうございます!
今回の作品は、先週ぐらいまでは出ることを覚えていましたが、危うく忘れるところでした・・・無事に、昨日、購入しました(^^;)
お心遣い、ほんとありがとうございます・・・オッサンになると、記憶が曖昧になるので困りますね(^^;)

ではでは、今後ともよろしくお願いいたします!



2017/03/05(日) 13:08:07 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック