HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Murakamigo 「The Official Bootleg Mega-Mix」
DSC03827.jpg

 え~、ここ最近は、土曜日も仕事をしないと追いつかないので、休みが日曜だけになっていますが、やっぱり「日曜日」って大切だな~と思っています。

 それこそ、私としては「日常をリセット出来る日」と考えていて、仕事モードから「Mix Tape Troopers」に戻る日なんですよね・・・
 平日に作品の聞きこみをして、段々と書きたいことを考えていき、日曜日に一気に放出して記事を書いていく感じなんですが・・・この記事作成の時間が、まさに「MTT」に戻る瞬間で、凄い嬉しい時間です(^0^)

 実際は、パソコンを見ながら作業をしてるので、平日の仕事をしている時と実務的には変わりませんが、脳が「MTT」になるみたいで、書き終わった後は凄い爽快になり、今週の仕事も頑張ろう!と思ったりしています・・・

 そんなわけで、作品の紹介です~


DSC03828_201703120952392a8.jpg

 今週は、大好きな歌モノ系DJである「Murakamigo(むらかみーご)」さんによる、80年代寄りの歌モノミックスの紹介です!

 Murakamigoさんというと、Sugarbitzから出していた「All Mixed Up」シリーズが有名ですが、今回紹介する「The Official Bootleg Mega-Mix」シリーズも最高で、お好きな方も多いかと思います・・・

 こちらのシリーズについては、Murakamigoさんが自主で作っていたらしいシリーズで、恐らくAll Mixed Upよりも少し前に作っていたシリーズのようです・・・
 私の解釈では、このシリーズを作ったことでMurakamigoさんのテープの良さが知れ渡り、その流れでSugarbitzとリンクするようになった・・・と思っています?

 そして、肝心な内容は「Murakamigo節」が全開の内容で、ほんと良いシリーズです!

 当然ながら、リリース時は購入していなく、ミックステープを掘るようになってから聞いた作品ですが、Murakamigoさんらしい「歌モノ」を素敵な選曲とミックスで彩っているのが最高で、一時期はかなり聞いてた時期もありました(^0^)

 そんなわけで、このシリーズは時間をかけて全ての作品を紹介したいので、まずは1作目から紹介していきますね~


DSC03829_2017031210372587a.jpg DSC03838_20170312103726a68.jpg
DSC03831_20170312103830d34.jpg DSC03833_2017031210383133d.jpg

 まず、選曲面から紹介すると、この作品では80年代のR&Bが中心になっており、それこそ「ブラコン(Black Contemporary)」が中心の選曲になっています。

 ブラコンって書くと、若い方には通じずらいかもしれないですが、それこそ、この作品で選曲されている「The S.O.S. Band / The Finest」「Levert / Casanova」なんかが直球ですよね・・・吉沢さんのアレを聞いた直後なのでこういう表現になりますが「ブラック系の80年代歌謡曲」っていえば分かりやすいですかね?
 それは、適度に親しみやすくてポップスとして通用し、その一方でしっかりと黒いのでダンス~クラブミュージックとしても通用する内容で・・・実は独特な音楽なんだけど、絶対に「価値が変わらない」音楽だと思っています!

 そんなジャンルの楽曲を、素敵に選曲しているのがこの作品で・・・今週はこの作品を聴いて、しっかりと癒されました(^0^)

 選曲面から考えると、これらの楽曲の「良さ」をしっかりと理解したうえで、定番やあまり知られていない曲を織り交ぜ、この「ブラコン」というジャンルがもつ独特な「ドリーミー」な空気感を優しく演出しています・・・これがMurakamigoさんの真骨頂ですね!
 全ての方に通じる表現かどうかは分かりませんが、前述した「The S.O.S. Band / The Finest」が素敵に輝く選曲なんですよ・・・ブラコン特有の「ドリーミーなグルーブ」をひたすら伸ばしていく選曲で、聞いてるだけで「ホッコリ」する感じが手にとって分かり、Murakamigoさんの良さが本当に出た選曲だと思います!


 そして、この選曲の良さは「選曲の組み立て」「ミックスの上手さ」が基盤にあり、これらの要素も最高に上手いです!

 選曲の組み立てであれば、選曲の流れがスムースに行くようにグルーブが近い曲で繋いでいくことが基本になっていますが、それでは全体的に間延びしてしまう部分があるので、要所要所でハッとする変化球を織り交ぜ、それが良いアクセントになっています・・・

 例えば、A面の前半ではFinestラインのブラコンで気持ちよく選曲していったら、カットインで「Maze / Joy and Pain」のライブテイクを選曲し、同曲の肝になるビートレスなサビ(サビを観客とコール&レスポンスしている部分)を効果的に使っています・・・

 この部分の前後の選曲を整理すると、それまでのFinesetラインの選曲は大変気持ちイイ流れなのですが、これを続けすぎると同じ展開なので自然とダレてしまいます・・・そのため、その後は少しポップ寄りにBPMを上げる展開を用意していました・・・
 ただ、この方向性の変化は、急に変えることは意外と難しいので、その「橋渡し」としてMazeを利用しているんですね・・・こればかりは聴いてみないとアレですが、BPMは全く合っていないのに、前後のグルーブをガチっと繋げており、この辺を聴くとMurakamigoさんのセンスの良さが手にとって分かります!

 また、この点に近い部分だと、これもブラコン直球な「Cherrelle With Alexander O'Neal / Saturday Love」プレイの仕方(DJミックスの仕方)が最高です!

 イメージとしては、この曲の本編と、インストとアカペラを上手く2枚使いし、まさにこの作品のタイトルである「Mega-Mix」みたいな独自の展開を施しており、この曲の良さと、全体の選曲の良さを底上げしていると思いました!
 特に、この曲の最後は、本編からアカペラにカットインで切り替え、先ほどのMazeと同じように少しBPMが上がった曲にスイッチをするのですが、グルーブは全く切れず、むしろ加速していく展開にDJミックスしているのが素晴らしすぎます!




 この作品は、選曲はもちろんですが、実は相当ミックスが上手い点も含まれていることで、永遠に古びない「ブラコン」という音楽を、素敵に彩った作品かな~と思います。
 それこそ、このミックス自体も古びない内容で・・・ある意味で「DJミックス」の基礎を忠実に表現しているので、DJミックスの教科書にしても良いぐらいの内容です(^0^)

 このシリーズ自体は、結構本数は出たみたいなので、割と簡単に探すことが出来ると思います・・・気になる方は探してみてね~





<Release Date>
Artists / Title : DJ Murakamigo 「The Official Bootleg Mega-Mix」
Genre : R&B、Pops、Dance Classics、Black・・・
Release : 1999年ごろ???
Lebel : Lush No Number




------------------------------------------------------
<独り言>

 今週は、独り言は無しでも良かったのですが、週中で我らのジョー大先生が3年ぶりに単独ギグを行うことが発表され、久々にダンス熱が高まっています!

 この間の「俺の履歴書」でも書きましたが、3年前、西麻布elevenのクローズの際のジョーのDJがホント素晴らしすぎて、あのDJ以来、私の時計止まっていました・・・
 つまり、あのパーティー以降、あれほど素晴らしいパーティーとは出会えていなく、熱いダンススピリッツの一部が、あの時から動いていなかったんですね・・・いや~、これは嬉しいニュースです!

 先の予定はアレですが、この日だけは絶対に行こうと思います・・・なんか、ダンスも春めいてきましたね(^0^)

 なお、間抜けな話も入れておくと、この情報は、平日の夜、帰りの電車でTwitterをボンヤリと見てたら発見したのですが、思わず「やった!」と声を出してしまい、周りの乗客からの目線が微妙に痛かったです・・・・30半ばにして、声を出して喜ぶとは思いませんでした(^^;) 




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ブラコン系の選曲だと、tabuは鉄板ですよね!真っ先にイメージしちゃいます。

そして、joe!行けると良いですね!ていうか万難を排してでも行くんでしょうね。
それにしても、声に出して「やった」と言うとは、余程ダンスに飢えてたんでしょうね(苦笑)
オレも結構飢えてます。やはり自分が信頼出来るハコやDJで踊りたいですから。
以前MTTさんは、「クラブはフッと立ち寄れる場所にないといけない」みたいな事をコメントされてましたが、最近身に染みて実感してます。金と時間を掛けないと行けない場所だと日常のシェルター(避難所)として機能しないですからね。
最後は愚痴っぽくなって申し訳無いですが、久しぶりの入魂レポート、楽しみにしております!
2017/03/12(日) 19:13:52 | URL | Kyk #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>kykさん

お久しぶりです&コメントありがとうございます!
今回のJoeの件は、ここ1~2年は「いつ来るんだろう?」と思ってたので、待望の来日です・・・
そんなには行ってないのでアレですが、B&SのJoeは本当の「Joe」ではないことを知っていると、なおさら単独が楽しみで、このタイミングで呼んでくれたContactには「流石です!」しか出ませんでした(^0^)

んで、kykさんからのご指摘の「近場で」は・・・やっぱり大切なことなんでしょうね。
先週の吉沢さんもそうですが、地方の方と比べると、東京は未だに「機会が多い」訳です・・・
ただ、これは私の事情も含めますが、大人になって時間がないこと、そして、子供向けの酒飲み&ナンパなパーティーが多い中で、こういった「本気になれる」パーティーが開かれることは・・・やっぱり東京の素晴らしさなんでしょうね~

今回、こうして書いたのは、kykさんなら分かるかと思いますが、私が「絶対に行く」ことを自分に戒める為に書きました・・・某FBの「参加予定」とは比べモノにならないくらい、根性を入れる為の宣言です・・・

ではでは、Joeは絶対に行きますので、楽しみにしててくださいね~

今後ともよろしくお願いいたします!





2017/03/12(日) 21:22:21 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
こんばんわ
はじめまして。
こんなブログがあったとは!?

主様の情熱に感動しました。

ひたすら掘っていると宇宙空間の中に一人の感覚になります。

主様が遥か彼方だがこちらにまで見えるくらいの光を放つ恒星に見えました。

稚拙な文章すみません。
応援、そして楽しみにしてます。
2017/03/13(月) 22:05:58 | URL | ヤスミ #-[ 編集]
Re: こんばんわ
>ヤスミさん

コメント、ありがとうございます!
初めてのご訪問で、こんなにコメントを頂けるとは・・・ありがとうございます!
確かに、こういう掘りをしていると、宇宙空間で一人なんでしょうね・・・ただ、それが、傍から見ると光を放つ恒星という表現は言い得て妙ですね!
これからも光り続けるように頑張ります!

では、今後ともよろしくお願いいたします。



2017/03/15(水) 01:09:03 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック