HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Hiroki 「Soulful Pop - R&B Style Vol.1」
DSC04590.jpg

 え~、今日は天気がいいので、洗濯&家の掃除を早めに終えて、一番大切な「掃除」を実施・・・そう、購入したミックステープの整理です(^^;)

 テープに関しては、ここ最近、ほんと好調で、1カ月で100本超えな勢いなので、家にテープが溜まってしまいます・・・そのため、定期的にテープの整理をしないとイケないんですね・・・

 私は、自宅では無印のコンテナボックスを保管箱として使い、ジャンル別に分けているので、直近で購入したテープを、それらの分かれた箱に振り分けるのですが・・・これが地獄の作業です(笑)
 とにかく本数が多いので、1本1本、収納すべき箱にしまうという作業が結構大変で、結構体力勝負な作業です・・・

 そんなわけで、憂鬱なテープの整理をしながら聴いてたら、天気と相まってノリノリにさせてくれた作品の紹介です~


DSC04591_201805201435174c2.jpg

 今回は、久しぶりの歌物の紹介で、有名歌物DJである「DJ Hiroki (ひろき)」さんのミックステープを紹介します!

 まず、Hirokiさんですが、00年代後半~10年代前半は一般のCDショップでも買える良質な歌物ミックス作品を量産してて、馴染みがある方も多いかもしれませんね。
 タワーとかツタヤとか、ほんと一般のお店で売られていた作品を何作もリリースし、ミックス作品の良さを一般の方に浸透させた点では、非常に重要なお方かと思います。
 
 ただ、活動歴は実は長く、00年代初期には、写真のようなミックステープを発表してて、R&B~歌物系のDJの中では重要人物になります!

 それは、00年代前半にあった「レア歌物ブーム」において、これらのテープの発表を通してシーンを引っ張り、シーンの勃興に尽力をしたからです!

 このブームは、私のブログでは時々紹介していますが、日本独自のブームになり、とにかく「良い歌物を探す」というようなブームで、世界各国の歌物が、レコード、CDを問わず掘り起こされました。

 その中で、Hirokiさんは「ヨーロッパ産の90年代ポップス~R&B」に着目し、今回紹介するテープ等で紹介したことで市場に火が付き、一時期はヨーロッパ系の歌物が大変盛り上がりましたね!

 これらは「キャッチー系R&B」なんて呼ばれてますが、元々はヨーロッパ現地では一般的なポップスとしてリリースされた曲を指しており、USにはないポップさが魅力です・・・ある意味で、日本であれば、ミーシャではなく、あえてモー娘を選曲するようなイメージかもしれません??
 ただ、これらの曲はアナログはプレス数が少ないタイトルが多いので、結果的に値段が高くなる傾向があり、一時期は争奪選でしたね・・・今でも高いといえば高いのですが、当時は「馬鹿じゃないの?」というぐらい、謎なレコードが高額で取引され、素人は一切近寄れない世界でもありました(^^;)

 ただ、Hirokiさんについては、他のDJと同様に「その曲がレアだから」でプレイしているわけでなく、「その曲が良い曲だから」という姿勢で曲を掘り起こし、DJミックスに落とし込んでいたと思います。

 それは、前述したミックスCDもそうですが、これらの楽曲の「ポップさの跳ねたグルーブ」を上手く操れることに他ならず、そういった部分が好きだからこその姿勢なのかな~と思います。
 特に、今回紹介する第1作目のタイトルから「Soulful Pop」ですから、音楽の嗜好として、こういった音楽が好きで、その良さを表現したい・・・という部分もあるのかな、とも思います。

 では、作品の紹介を通して、HirokiさんのDJを紹介しましょう!


DSC04592.jpg DSC04595.jpg
DSC04593_2018052105425705e.jpg DSC04594_20180521054258418.jpg

 紹介するのは、Hirokiさんの第1作目のテープで、レアR&Bブームの中心でもあったDJ NooriさんがボスのFavoriteからの1本です!

 まず、選曲ですが、やっぱり深いですね!

 Hirokiさんはヨーロッパ系の歌物が得意とされ、その掘りの深さ、そして広さには結構ヤラれてしまいました!

 例えば、UKのHouse系レーベルの名門であるSound Of Ministryからリリースされた「Yojo Working / Hold On」や、ドイツのHouseラインでリリースされた名カバー「Homeless / The Girl From Ipanema」など、かなり渋い選曲が目立ちます。
 また、その一方で、これこそHirokiさんらしいのですが、いわゆるポップスも自由に選曲してて、スウェーデン出身女性歌手でワールドヒットをした「Meja / How Crazy Are You?」や、このラインでは意外な「Mariah Carey / Emotions」などを選曲しています。

 いやいや、私の手持ちレコの範囲で紹介しているので、選曲の深さや広さは上手く紹介出来ないですね・・・

 まず、キーワードとしての「ヨーロッパ」ですが、当時の日本で、これほどまで深く掘っておられたことには感服です!

 それこそ、今であればR&Bクラシックで、当時から激レアな「3 Shades Brown / Let's Spend The Night Together」(曲としてはUS産だが、LPはドイツプレスのみ)とか、イタリア系の楽曲とか、Houseラインの楽曲とか、カバー曲とか・・・ほんと深いですね!
 ただ、どの曲も事実としてはマイナーなんだけど、とにかくHirokiさんのDJプレイを通すと自然と「聴きやすく」なります・・・これが不思議ではありますが、その曲の魅力を上手く引き出していますね~

 また、もう一つのキーワードとして「ポップさ」もあげると、このテープでも選曲面、そしてDJプレイの部分で発揮されており、こちらも結構ヤラれました!

 まず、選曲面としての「ポップさ」ですが・・・当時、DJ業界にいたら「Meja」は選曲しないかな~と思ってしまいます・・・

 それは、Mejaって、日本のFMでもヘビープレイされたぐらい「一般の曲」で、当時のDJ業界って、そういった一般の曲を「あえてプレイしない」傾向があったので、ある意味で御法度だった曲かもしれません。
 当時、このMejaがプレイされたかどうかの事実は分かりません(たぶん、ジュリアナっぽいディスコではプレイされてたでしょうね)が、日本では「DJは一般のポップスとは違う音楽なんだ」みたいな傾向はあったので、意識として選ばない曲かもしれないですね・・・
 ただ、そういった背景がある中で、積極的に「ポップス」を「ポップな曲」として選び、カッコよくプレイしていた点は、ほんと素敵だと思います。
 変な話、このテープを聞いたことで「あっ、Mejaはアリなんだ」と気づいた方も多いかもしれないですね・・・こういった先駆的な部分は評価しないといけません!

 そして、DJプレイとしての「ポップさ」ですが、とにかくノリが良く、誰でも聴きやすい内容に仕上げているのが上手いな~と思います。

 選曲するポップな曲の「ポップな部分」を上手く出しつつ、それを数珠つなぎでプレイすることでグルーブを高めているし、その一方で、しっかりとストーリー性も考え、少しづつ流れを変えて様々な色合いを出したり・・・う~ん、上手いですね!

 また、ピーク曲のパンチ力もあり、今回の選曲では意外も意外な「Mariah Carey / Emotions」は、B面の肝曲になってて、全然知られていないヨーロッパ系の楽曲が続いた中で、ガツっと入れてしっかりと盛り上げてますね・・・
 これには思わず「おわっ」となりましたが、Mariah嬢の情熱的な歌い方が、まさに「Soulful Pop」で、マイナーな楽曲が多く、下手したらダレてしまうところを、この選曲とDJプレイで、テープ全体のグルーブを引き締めてて、上手いな~と思いました!




 そんなわけで、このポップさは唯一無二で、初夏の季節にはもってこいの一本でした!

 割と買いやすいテープだと思いますので、気になる方は探してみてね~


<Release Date>
Artists / Title : DJ Hiroki 「Soulful Pop - R&B Style Vol.1」
Genre : R&B、Pops、House・・・
Release : 2002年ごろ??
Lebel : Favorite FT-011





----------------------------------------
<独り言>

DdmEyPkVMAIFlqz.jpg

 最近、掘りが好調で、掘りネタばかり続いていたので、少し別角度な報告をしますね~

 今回、ご縁があって西川口のヒップホップ大帝である「マサキオンザマイク」さんからお声をかけていただき、マサキさんのWeb番組「マサキオンザマイクのアンダーグラウンドヒップホップ天国」に協力することになりました!
 
 まず、マサキさんですが、日本語ラップ、いやHipHopを愛する方ならご存知の方が多いかと思います・・・日本語ラップのMC/Producerになるのですが、そのコアなHipHop愛が最高な方で、お好きな方も多いかと思います。

 私自身、北浦和のテープセールで初めてお会いし、そこから何度かユニオンの店内で掘っている時にお会いしたのですが、その「掘り姿勢」は感服で、お話しただけで「この人は信頼できる」と思っていたお方になります。
 もう、鬼のようにセールに並んでるし、最近はロシア系の曲を掘ってたり、ほんと深いお方です・・・個人的には、セールの整理券をコピーしておいて、戦利品に思い出として貼っている話にはグッときました!

 そんな、マサキさんの素晴らしいHipHop愛を体現しているのが、この番組で、次回の番組では「Mixtape」を題材にするとのことなので、私に声をかけて頂きました!

 マサキさん自身、ここ最近はテープ愛も半端なく、かなりコアなテープを集めてて、次回の番組内容になったようで、それで私にお声がかかったようですよ・・・写真は、次回告知の画像ですが、もう、これからして「分かってらっしゃる」のはバリバリですね!
 内容はまだ秘密ですが、きっと面白い番組になると思いますので、楽しみにしててくださいね~

 なお、私はテープの紹介を寄稿するだけで、出演はしませんよ・・・ふふっ、まだ影の存在でいさせてくださいね(^^;)



 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック