HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ PMX 「Hittin' Switch 001」
DSC04616_20180603142655755.jpg

 気づいたら、もう6月・・・だいぶ夏に近づいてきましたね~

 周りを見ると、日中は半袖の方も多く、エアコンで冷房もちらほら・・・ただ、寒がり体質な私は、未だ長袖です(^^;)

 あと、最近、気づいたのですが、この時期の日焼けが結構弱いようで、シャツの腕を捲って歩いているだけでも、腕が結構焼けてしまいヒリヒリするんですよね・・・体質なんでしょうか??
 そのため、熱くても外に出る時は、なるべく長袖で、腕をまくらず普通に着ています・・・結構熱いです(^^;)

 そんなわけで、夏っぽい作品の紹介です!!


3S4C0098_ok2-1.jpg

 今回は、日本のGangsta Rap業界、いや、日本のHipHop業界に無くてはならない大御所である「DJ PMX (ぴーえむえっくす)」さんのミックステープを紹介します!

 まず、PMXさんは、日本語ラップがお好きな方であれば、知らない方はいないかと思いますが、簡単に略歴等を紹介しておきましょう・・・

 PMXさんは、HipHop系のProducer/DJになり、いわゆる「Gangsta Rap~West Coast Hip Hop」を得意とするお方になります。

 活動は長く、1980年代後半から活動し、90年代半ばより自身のグループである「DS455」を率いて、日本のGangsta Rap~West Coast Hip Hopシーンを引っ張り続け、シーンからの信頼は絶大なお方かと思います。
 特に、Produce活動が印象的で、様々なアーティストにトラック提供をしつつ、後輩アーティストたちを育てるような姿勢があり、PMXさんに育てられた方は多いですね・・・もはや兄弟仁義な関係とも言える「Maccho(OZROSAURUS)」さんが特にそうで、PMXさん無くしてはMacchoがいなかったと言っても良いぐらいかと思います!

 また、こう書くと「G系」が中心かと思われがちですが、その信頼からか、交友範囲は非常に広く、それこそ「日本語ラップ」勢との協力関係も重要ですかね・・・
 近年になり判明した逸話では、初期のMajor Force~File周辺の楽曲等のプログラミングを行ってたそうで、ブッタの人間発電所のループを作ったのがPMXさんになります・・・日本語ラップを作っていった上でも、重要なお方ですね!

 なお、参考として、私の過去記事と、PMXさんの活動が分かるインタビュー(最高です!)を張り付けておきますので、ご参照ください・・・

Mix Tape Troopers DJ PMX 「Locohama Crusing 002」

Amebreak 「BEAT SCIENTISTS 〜HIP HOPのおとづくり〜 feat. DJ PMX(前編)」
Amebreak 「BEAT SCIENTISTS 〜HIP HOPのおとづくり〜 feat. DJ PMX(後編)」


DSC04628_2018060315073363d.jpg

 そんなPMXさんですが、DJ活動の一環で、上記のようにミックステープを数多く発表しており、ミックステープを通して「Gangsta Rap~West Coast Hip Hop」を広めた点も大きいかな~と思います。

 大きく分けると、2001年~04年ごろに作っていた名物シリーズ「Locohama Crusing」と、そのシリーズの後期に別ラインとして作られた「Hittin' Switch」シリーズになり、どれも「現場」で愛されていたテープになります。

 現場・・・それは、つまり「車の中」になるかと思います。

 Gangsta Rap等は「アメリカの車文化」と密接に関係し、車なくしては成り立たない部分があり、ある意味で「車の中で聴いてこそ最高の音楽」とも言えるかもしれません。
 その意味で、聴いている側も「車の中」で聴くことが多く、実はミックステープを含む「カセットテープ」が珍重され、自慢の愛車の中で聴いてた方が多いかと思います。

 この点は、日本でもそうで、日本のLowrider文化の発展には、G系ラップの影響は大きく、PMXさん等のG系DJ達のミックステープの影響は非常に大きかったと思います。

 以前、名古屋周辺でG系テープをリリースしていた「Drug Funk レーベル」の紹介でも触れましたが、日本においては、DJ側は「とにかく車で聴いて良い内容」のミックステープを作り、それらを車乗り達が好んで聴いていて、結果的にG系音楽のファンを、そして車好きを増やしていった経過があるかと思います。
 この点で興味深いのが、DJやクラブ好きではない、それこそ「車が好き」というDJ業界からしたら門外漢な方々に「ミックステープ」が愛されていたことになり・・・ミックステープが「人も文化も問わずに良質な音楽を届ける存在」だったことを裏付ける事実として、重要です!


 なお、PMXさんのテープは、G系テープの中では比較的に遭遇しやすいのですが、車業界的にもCDでないと聴けなくなってしまった04年ごろのテープ(シリーズの後期)は、あまり本数が刷られていないのか、結構見つけるのが大変です・・・
 また、前述したとおり、DJ業界とはちょっと異なるラインで売られたことで、ユニオンなどの車業界と縁遠いところには中古で流れてこない傾向もあり、意外と見つけるのが難しいんですよね・・・

 また、蛇足話ですが、実は、先日、抜けていたタイトルがやっと買え、シリーズが揃ったと思い、今回の紹介に繋がるのですが・・・記事を作成するにあたり、色々と調べていたら、後期のHittin'に「3」があることが判明しました・・・
 こういったことは、謎が多いミックステープ業界の中では日常茶飯事なのですが、まだまだ道が遠いのが分かり、改めてG系テープの収集は難しいな~と思っております(^^;)

 そして、これも蛇足っておくと、PMXさんのテープは、中古で購入すると、結構「キズが付いている」状態のが多いですね・・・
 うん、それだけ「現場で愛されていた=車の中で聴かれていた」証拠ですよね・・・テープは聴いてナンボなものなので、こういったキズがあった方が愛着が湧いたりもします!


hs_001.jpg hs_002.jpg
hs_003.jpg hs_004.jpg

 では、今回は後期シリーズである「Hittin' Switch」の第1作目を紹介しましょう!

 このシリーズは2004年ごろから作られたシリーズのようで、CD版と併売(CDメインのミックス)として作られたシリーズのようです。
 当時のインフォを確認すると、「ローライダーに向けた新シリーズ」としてリリースされたようで、タイトルの「Hittin' Switch」が示すように、ローライダーに乗って、スイッチをひねって車高を変えている「本格派」に向けたシリーズなのかな~と思います。

 まず、選曲的には、西海岸~南部のG系ラップを中心に選曲し、PMXさんらしい「スムース」なグルーブで作られていることから、ローライダーに乗らずとも「気持ちいい」と思う内容になり、なかなかの好作品です!

 私自身がG系に全く知識がないので、選曲の深い話は全然出来ないのですが、何も知識なく聴いても「おおっ、気持ちいいな」と思う内容で、今週のナイトクルーズ(aka 徒歩での深夜帰宅・・・)でも大活躍をしました(^0^)

 選曲を少しだけ紹介すると、まずは「ローライダー」に向けられていることから、歌詞の内容的に「ローライダー」的な曲が多く、それこそチカーノ系の大御所アーティストの「Lil Rob feat David Wade / Can We Ride」や、南部テキサスの「E.S.G. & Slim Thug feat Daz / Ride With You」など、曲名を見ただけでも「車」系の曲が多いでしょうか?
 また、どうしてもG系の曲は、私の知識が少なく、掴みどころがないので、ネタ系に走ってしまうのですが、Love Come Downネタの「Lil Keke / High Come Down」や、たぶんSADEネタな「Lil' Rachett / Deadly Sins」など、独特のネタ使いでメロウなグルーブがある曲を上手く使っていますね~

 シリーズを通して、そこまでガンガンと盛り上げる選曲ではなく、G系特有のグルービーな感じを上手く表現するための選曲に徹していて、車を運転している限りでは、アクセルを強く踏ませるためではなく、心地よく風を切る程度のアクセルを踏ませる感じが上手いですね!

  この点を更に分析すると、Locohama Crusingにも通じる「ナイトクルーズ」感というのでしょうか、車を低速で流すのに最良なグルーブをイメージされ選曲されており、このHittin'シリーズでは、比較的「日中」をイメージした部分があるのかな~と思います。
 ただ、日中といっても、アメリカ西海岸の日中というのでしょうか、ガンガンと日差しがある半面、その日差しの影があるところは暗いみたいなコントラストも含まれた感じがあり、そのグルーブの中に哀愁さみたいのも含まれ、大人な感じもありますかね・・・

 そのため、こういった内容なので、車で聴かなくても、かなり内容が良く、結構ヤラれてしまいました!

 前述した徒歩でのナイトクルーズでも、段々と蒸し暑くなってきた夜道を、あえてユックリと歩き、独特なグルーブに酔いながら、気持ちよく風を切りました・・・
 うん、G系って、やっぱり独特のグルーブがあり、上手いDJほど、そのグルーブを高めてくれるので、結果的に知識が無くても楽しめるのかな~と思ってしまいました(^0^)




 そんなわけで、選曲にあまり知識がないので、紹介はこれまでです・・・

 このシリーズは、そこまで出ないシリーズなので、気になる方は頑張って探してね・・・
 そして、私も3を探さないと・・・やっと「揃った!」と思って喜んだのに、後で「まだあった」というのは、結構精神的ダメージが大きいので、早くリカバリーをしたいです(^^;)




<Release Date>
Artists / Title : DJ PMX 「Hittin' Switch 001」
Genre : HipHop(Gangsta Rap)
Release : 2004年9月
Lebel : DSC Entertaiment AE-HS01-02





------------------------------------------------------------
<独り言>

DSC04614.jpg

 ここ最近、仕事が忙しく、下手したら3月のブログが更新できなかった時期並に働いており、週末ディグが厳しくなっております・・・
 そのため、おのずと「夜」にユニオンに行くのですが、夜掘りは時間を考えながらの掘りなので、ちょっとバタバタしてしまい、あまり好きではないです・・・

 ただ、週中で写真のCDがユニオンに再入荷するとあり、一人でザワザワしていました(^^;)

 写真は、我らのMUROさんが、ニュージーランドの人気アーティストである「Lord Echo」さんの曲をミックスした作品で、今年3月の来日公演で限定販売されたものになります。
 本当は、来日公演での物販のみで売られていたようですが、4月ぐらいに少量が一般店でも販売され、速攻で売り切れてしまい、買えなかった私は涙をぬぐいながら、タイミングが合えば欲しいな~と思っていたCDになります。

 そして、週中の水曜日に一部のユニオン各店で再入荷したとアナウンスがありました・・・ただ、私はすぐには動けませんでした・・・

 ここ最近、夜も忙しく、日中は打ち合わせ、夜は翌日の打ち合わせのための資料作りの連続で、夜にユニオンに行きたくても行けない状態でした・・・
 そのため、売れ切れちゃったかな?と思い、モヤモヤとしながら週末を迎え、ギリギリで某店でまだ残っていたので、無事にゲットさせていただきました・・・

 今回ばかりは、ユニオンの在庫検索をして、意外なお店にストックがあることが分かり、そのお店に行って、店員さんに在庫を探してもらい、無事にゲットです・・・

 ユニオンだと、門外漢のお店に狙いの在庫があることが稀にありますよね・・・
 こういった場合、まずお店のどこにあるかが分かりづらく、かつ、店員さんも専門外なのでどこにあるか分からないこともあり、結構探してもらっちゃった・・・夜の閉店間際なのに、探して頂き、感謝感謝です!

 んで、肝心の内容は・・・やっぱり最高ですね!

 Lord Echoさんのもつ「ダブっぽさ」を上手く掴み、最高にメロウにミックスした好作で、夜のリラックスタイムには最適な1枚かな~と思いました!
 MUROさんのミックス作品は、買いづらい作品こそ、実は素晴らしいミックスが入っていることがありますよね・・・今回がまさにそうで、これは普通に買えるようにした方が良いぐらいの良作だと思いました!



 ではでは、今週はここまで・・・

 6月はスケジュール帳がビッシリで、もしかしたら更新できないタイミングがあるかも・・・その辺は許して下さいね~

 では、今週も頑張りましょう!!






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です。
LOCOHAMAもですがこの手のシリーズはAVARANCHEで売っていた(卸していた?)と私は認識しています。

CDオンリーなのでわざと案内されなかったと思いますがhittin switchはAVARANCHEでアクセサリー購入者ノベルティの0もあります。
1、2では新譜ミックスだったhittin switchはなぜか3だけG系元ネタオンリーの激渋ミックスに様変わりします。笑
2018/06/04(月) 00:52:00 | URL | KRK #NkOZRVVI[ 編集]
おぉ~Lord echoミックスゲットできたのですね!!!!
ほんとこれから暑くなる季節にピッタリフィットする音で、晩夏ぐらいの少し涼しくなった夕方ぐらいに聴くのもまた良い感じだと思いますね。
Lord echoは来日記念盤全部持ってるぐらい好きで、ましてMUROさんミックスなら最強だろうと思い自分も買いました。
ニュージーランド周辺もおもしろいみたいなので、これから掘っていければなと思ってます。
2018/06/04(月) 18:34:20 | URL | 暗黒舞踏おっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> KRKさん

コメント、ありがとうございます!
まず、AVARANCHEはDSのKayzabroさんのお店ですよね・・・なるほど、そんなノベルティーも出していたんですね!
いやいや、0があるなんて知らなかったですよ・・・でも、PMXさんのノベルティーがでるなんて、豪華ですね!!
そして、3の情報もありがとうございます! ネタモノなら、これは探さないと!!

ではでは、今後ともよろしくお願いいたします!


>暗黒舞踏おっさん さん
コメント、ありがとうございます!
Lord echoさんの曲は、しっかりと聴いたことが無かったのですが、MUROさんのミックスを聴いて、その魅力に気づいちゃったかも・・・
オシャレなダブというか、ブギー以降のダブというか・・・なんか、久しぶりに新しい音楽もしっかりと追わないといけないんだな~と思ったりしました。
これからの季節、絶対に重宝しますよね・・・大事な宝物にしたいとおもいます(^0^)

ではでは、今後ともよろしくお願いいたします!



2018/06/07(木) 01:04:24 | URL | mixtapetroopers #EK3m6DHM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック