FC2ブログ
HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Kaya 「The Breaks - Nothin' Butta Party」
IMG_0374.jpg

 すっかりと春めいて・・・と言いたいところですが、もう初夏のような感じになってきましたね~

 寒がりな私でも、徐々に1枚づつ服を脱ぎ始めるぐらいです・・・ただ、昼と夜とでは、温度が違うので、着る服のコントロールが難しいですね~
 なので、今週は少し体調不良でした・・・しっかりと体調を管理しないと、GWのセールに戦えない(?)ので、頑張って整えよう・・・(^^;)

 そんなわけで、先月も紹介をしましたKayaさんモノを紹介です~♪


IMG_0379.jpg IMG_0375.jpg
IMG_0380.jpg IMG_0382_20190421162454c12.jpg

 今回は、私のアイドルDJでもある「DJ Kaya(カヤ)」さんによる、聞いたらつい踊りたくなるグルーブがあるオールジャンル・ミックスを紹介します!!

 Kayaさんについては、先月も作品を紹介したところですが、その紹介の際に、このテープとも目があってしまい、つい聞いてしまったら、まあ、内容が良いので、今回の紹介になりました~

 この作品は、タイトルの「The Breaks - Nothin' Butta Party」が示す通り、いわゆる「パーティー・ミックス」なんですが、ジャンルとしての「Breakbeats(ブレイクビーツ)」を超えて、「Breakbeatsというグルーブ」がある曲を中心に選曲した作品になり、聞いててノリノリになれる1本です!

 まず、今回、このテープで使われている「Breakbeats」という言葉を整理しておくと、このテープでのBreakbeatsは、私としては「体がつい動いてしまうダンスミュージック」としたいと思います。

 「Breakbeats」という言葉/音楽ジャンルは、明確に定義ができない部分もありますが、HipHop~Houseの共通項である「ワンキック、ワンスネア」の原則のあるダンストラックに、サンプリング等のネタ感が加わったインストを主体においた曲がこの作品の中心的な選曲になっており、聞いてると、つい体が動いてしまう選曲です(^0^)

 それこそ、HipHop~Houseの橋渡し役的なアーティストの曲は多く選曲してて、Masters At WorkでおなじみのKenny Dopeであれば、大ヒットした12inchから、OdysseyのInside Outを下敷きにした「Kenny Dope / Inside」や、90's HouseファンにはおなじみなMelting Potネタの「Kenny Dope / Makin' A Living」などを選曲しています。
 また、DimitriのBボーイ感とHouse感が上手くミックスされている「Stetsasonic / Talking All That Jazz (Remix)」などの有名曲や、そのBreakbeatsの延長として「Bob Marley / Could You Be Loved」などの非Breakbeatsな曲も選曲し、幅広な選曲ながら、聞いている人を段々と踊らせていく感じは上手いな~と思います。

 特に、上手いな~と思うのは、パッと聞くとHipHopリスナーが好きそうな早いBPMにしてるんだけど、そのHipHop的なグルーブで選曲/DJミックスをしつつも、House的なエッセンスを要所にちりばめた選曲/DJミックスをしてて、これは上手いですね!

 例えば、「Kenny Dope / Inside」の後は、サラッとHouseカバー(それもLittle Big BeeによるInside Outのカバー!)を入れてきたり、「Stetsasonic / Talking All That Jazz (Remix)」であれば、最初はDubをプレイし、途中でDee-Litesを1曲選曲してからVocalにスイッチするのなど、ギリギリでHouseにならないように選曲/DJミックスをしています・・・
 つまり、全体的には4つ打ちのフィーリングを懐にしまいながら、Bな輩が踊りやすい「Breakbeats」に仕上げてて・・・大変上手い選曲です!!


IMG_0378.jpg IMG_0377.jpg

 考えてみると、私は、このテープでKayaさんが示したような「Breakbeats」が大好きなんだな~、と思います・・・

 それこそ、このテープであれあば、クボタさんやMUROさんのプレイでゾッコンになった「Fish / Can You Feel It (Tropical Mix)」のような渋い曲や、オンタイムで好きになった「Abnormal Yellow Band / Blow Your Whistle」のような日本ならではのBreakbeatsなど、私の基礎となる曲が多く、改めて「こういう曲が好きなんだよな~」と思い返した次第です・・・

 まあ、これらの曲は、それこそサンプリングを主体にしたもので、もともとHipHopから入った私としては非常に馴染みのあるグルーブがあり、嫌いな訳がありません・・・
 それは、やっぱり「踊ったり」「首を振らす」ことを主体においたダンスミュージックで、サンプリングという生演奏の良いところを引き延ばす音楽だからこそ具現化できるグルーブがあり・・・やっぱり大好きです・・・

 ただ、今の時代、これらの曲って、なんか「忘れられた曲」のようにも思えます・・・

 それこそ、これらはレコードの12inchを主体にした曲なので、今のサブスク的な音楽との付き合い方の中では、なかなか出会えない曲なのかもしれません・・・

 一方で、DJ達も、こういった曲をプレイすることが少なくなりましたよね・・・理由はなんとも言えないですが、やっぱりレコードでDJする人が少なくなったからかな??
 ただ、私自身、まだ、この手の12inchを探していると、全然見つからないのも多いです・・・つまり、掘ることが大変なのも一因かもしれないですね・・・

 そろそろ、こういった今回の記事で紹介した「Breakbeats」も、わかりやすいカテゴライズと整理を行い、その魅力をアピールする時期に来ているのかな~と思います・・・
 なので、どなたか、こういう曲のガイドブックを作りませんか? 結構、受けそうな気がします・・・どうでしょう??

 

 最後は、作品の紹介を脱線し、私がこういったBreakbeatsが好きなことを告白することで終わってしまいました・・・すみません(^^^;)

 ただ、やっぱり、上手いDJの人の選曲を聞くと、まだまだ知らない「踊れる曲」もあるんだな~と思い、またまた捜索に火がつきました・・・

 作品自体も、かなり良い作品なので、気になる方は探してみてね~



 
<Release Date>
Artists / Title : DJ Kaya 「The Breaks - Nothin' Butta Party」
Genre : HipHop、Breakbeats、House、Garage・・・
Release : 2002年
Lebel : Oh! Tape Joint OJT-26





---------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------
<独り言>

DSC_2065.jpg

 どっちから紹介しようかな~と思いましたが、やっぱり「この紙」ですね・・・私も、皆さんも「大好きな紙」です!

 今週は、週の後半になり、突然、新宿のユニオンでテープセールを開催するとあり、喜んで参加してきました~

 新宿ユニオン 4/21(日) USED CASSETTE TAPEセール!!


 まず、放出情報を見ると、定番のテープが多く、私が持っているのが大半でした・・・なので、いつもならスルーしちゃうかもしれないセールでした・・・

 ただ、ただ・・・テープ馬鹿な私は「並びたくて仕方がなかった」ので、並んでみました(^^;)

 ここ数か月、仕事の連続だったし、行きたかったセールをスルーしていたのもあったので、気持ちのどこかで「セールに並びたい病」が発生し、それにジャストミートした形だったようです・・・
 もう、ダメな人なので、これは仕方がない・・・そこまで欲しいのは無かったけど、きっと「リスト外がある!」と思い、少し早めの9時30分に到着です・・・
 まあ、GWのセールを目の前に、緩んだ体をたたき起こすために、ある種の「リハビリ・セール」でもあったりはしました・・・もう、意味が分かりませんね(^^;)

 ただ、9時30分に着いたら、既に先客が・・・おおっ、マサキさんだ!!

 埼玉/川口を拠点とするMasaki on the MICさん、今回は色々とあって狙ってる1本があり、朝早くご出勤です・・・もー、上には上のイルマティックがおられますね(^0^)

 そして、開店までマサキさんと濃ゆいHipHop談義に華を咲かせ、H山さんに連れられ、いざセール・・・


DSC_2066.jpg

 マサキさんと二人のみの開戦なので、ピースフルな緊張感のもとでセール開始・・・

 事前に放出情報があったので、どんなのが出てるかは分かるものの、きっと知らないテープが出るだろう、そして、それをゲットせねばという自分だけの緊張感との闘い・・・やっぱり、気持ちいいな~
 結果的に、1本だけニューディスカバー、1本はジャケ違いと思い買ったけど同じのを持ってた(笑)という感じで、ボチボチでしたが、セールに参加できたのが嬉しかったです(^0^)


 なお、今年のユニオンのGWセール、テープのセールが1個もなくて残念です・・・

 下北のN村さんとも相談しましたが、なかなかテープが入ってこないみたいですね・・・

 私としては、まだまだテープを押し入れの奥に仕舞い込んでいる方が多いと思っています・・・ぜひ、貴重な文化遺産を、私のようなテープ馬鹿のために放出して欲しいです・・・
 なんか、私も、お持ちの方の放出を後押しするようなブログ企画をやりたいな・・・

 あと、蛇足ですが、マサキさんとH山さんのお話で、H山さん(aka DJの某Hさん)のテープが2本あることが分かり、1本は持っているので、もう1本が猛烈に欲しくなっております!


D4eM6NmU8AAZYOA (1)

 そして、マサキさん情報も入れておくと、海外DJ/Producerとのコラボだったり、新作のカセットアルバム(EP)の発売も決まったり、凄く活発的に動かれておりますね!

 特に、今週の4月25日(木)の21時より、マサキさんのWeb番組「アンダーグラウンドヒップホップ天国」で、2回目となるテープ特集を行うとのことで、凄く楽しみです!
 どうやら、私のシャウトアウト(コメント?)も出るようなので、ぜひ、楽しみに待ちましょう!!

 そして、マサキさんは、これ以外にも様々な企画を用意されているようで、これからも楽しみです・・・

 今後も頑張ってください!!

 マサキオンザマイクのアンダーグラウンドヒップホップ天国 #14(4月25日(木) 21:00 -)

 ●新作テープ Bones Trackz 048 "CASSETTE TAPE"



DSC_2046.jpg
DSC_2047.jpg

 そして、話は変わって、土曜日の報告です・・・

 先週の日曜より、渋谷のManhattan Recordsで、セレクトレコードショップVDSさんによるPop Up Shopが開催されており、さっそく行ってきましたよ~

 【渋谷店】2019.4.14(Sun)-4.24(Wed) VDS POP UP STORE at Manhattan Records


 このVDSさん、どうやらまだ正式な動きはないレコード屋さん(?)で、調べたら新宿の伊勢丹にも出店されているお店なのですが、今回のManhattanでは、写真のようなラジカセやテープレコーダーを中心に出品されており、テープ馬鹿の心を揺さぶります(^^;)
 
 それも、完動品に加え、動かないジャンク品も出されているとのこと・・・テープ馬鹿は、この「ジャンク品」にロックオンでした!

 私としては、ここ最近、こういったテープ再生の機械は、どちらかというと「ジャンク品」を狙うことが多くなりました・・・

 なぜなら、完動品は希少なのでそれなりの値段になる一方で、こういったジャンク品は格安であること、そして、ある程度、知識と運があればジャンクを直せることがあり、ジャンクを狙ったりしています・・・

 今回も、ラジカセでもジャンクのモノは格安だったり、テープレコーダーに至っては「ジャンク箱」というテープ馬鹿にはグッとくる箱があり、もー、尻尾を振りながらジャンク箱を漁ってしまいました(^0^)

 テレコのジャンク箱は、ここ最近まで現役だったソニーのTCM-400や450など、私の中では「おばあちゃんテレコ」が中心ですが、これは滅多にない箱で、かなりヤラれました・・・

 特に、ソニーのTCM-400が多かったのは嬉しいな・・・あの機種、オートリバースは付いてないけど、ピッチ調整がついてたり、ソニーらしく品質も悪くないので、結構イイ機種なんですよね・・・
 ただ、個人的には、ソニー系のテレコは、中のゴムベルトがウレタンが入っているのが多いためか、劣化すると溶けてしまい、修理が出来ないのもあるので、あんまり相性が良くないです・・・マニアックな話ですみません(^^;)


DSC_2051.jpg

 そんな、テレコジャンク箱を探してもなかった「この方」、ジャンク箱ではない所に鎮座されていました・・・

 そう、ミックステープ専用機とも言える「ショックウェーブ」です!!

 まず、ショックウェーブについては以下の記事をご参照ください・・・

 素晴らしき「Shock Wave」の世界


 このブログを長くご覧になられている方なら、このショックウェーブが、私の中でどれほど大切かはご存知かと思います・・・

 ただ、このショックウェーブ、やっぱり「機械」なので、いつかは壊れてしまいます・・・

 私自身、上手く直しながら使っていますが、やっぱり壊れてしまう機種もあり、なるべく使えるストックを用意しておきたいのが気持ちとしてあります・・・

 でも、ここ最近、主戦場だったフリーマーケットでの遭遇率はゼロに近く、一方でオークションなどでも高額なので、なかなか巡り合えないのが現状です・・・

 その中で、治るかどうかも分からないけど、久々にジャンクと出会えたのは嬉しいです(^0^)

 今年のGWは、結構休みがもらえそうなので、どこかで、この子たちの修理をしてみよう・・・治るといいな~


DSC_2055.jpg
DSC_2058.jpg

 あと、今回の更新でしか報告出来なさそうなので、この話題も・・・あれ、青じゃなくて「黒」だ!

 今回の主役である渋谷・宇田川町が誇るレコード店「Manhattan Records」が、どうやら期間限定で、目の前に出来た商業ビルに移転した、大手IT会社「サイバーエージェント」とコラボして、自身のメインカラーだった青から、同社の主力事業であるabema TVのメインカラーである「黒」に変更をしたようです!

 だいぶ前から、Mの前の空き地(駐車場)が再開発されるのは見ていましたが、まさかサイバーエージェントが入り、そして、こんか形でMとコラボするとは・・・私としては衝撃的でした!

 なぜなら、寂れていた宇田川町の「あそこ」に流れる風が、元気な風に変わったのを感じたからです。

 私は、ITも、不動産も、詳しくはないですが、今回の再開発の蓋が開いたのを見て、あのMの前の通りが、突然「明るくなった」のにビックリしました・・・

 たぶん、専門用語では「都市開発」と言うのでしょう・・・たった、一つのビルができただけで、あの場所に活気が戻った感じがしました・・・

 それは、あのMの前が、活気だった頃を知ってるからでしょう・・・うまく、言葉にできないですが、あの場所に活気が戻ってきた感じがしました。

 それは、HipHop好きでおなじみの同社の社長さんである藤田さんのセンスも、愛もあるのかもしれないです・・・活気のあった頃も、そして近年の活気がない頃も知っているからこそ、素直にそう感じました・・・

 うん、なんか、Manhattan、いや私たちの「宇田川町」が元気になった感じがしました・・・

 期せずして、Mには、元ココナッツ代々木店のYOKOさんがスタッフで入り、M自体も活発になってきたし、孤軍奮闘してたFace Recordsも、ほんと最近は頑張ってるし・・・やっぱり「宇田川町」が戻ってきた感じがしました!

 もし、全盛期の「あそこ」を知っていて、そして「あそこ」の変わり方に落胆された方は、時間があれば覗いてください・・・まだまだ全盛期じゃないかもしれないけど、活気という風は少し吹いているのが感じられます・・・

 
IMG_0387.jpg
 
 最後は、私たちにとって「あっ、そうか」と分かる新しい風・・・Mのコラボはレコード袋まで「黒」になりました!

 最近、一般的にはレコード人気になり、下北には新しいレコ屋が増え、新宿のタワーにはレコード店が出来たりしていますね・・・

 ただ、ただ・・・私たち世代からすると、やっぱり「宇田川町」にレコ屋が出来て欲しいです・・・

 それは、あの「熱かった時代」を知っているかもしれないからです・・・

 この黒い袋をきっかけに「あそこ」が、魅力あるレコード村になることを切に願います・・・


 ではでは、今週はこんなもんで・・・

 では、また来週です~





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック