FC2ブログ
HipHop,R&B,Soul,Funk,RareGroove,DanceClassics,Garage,House・・・など、私が気に入っているMixTape,MixCD,その他もろもろを紹介するブログです。
DJ Beat 「B-Boy Park '99 presents 80's...Club Hits」
IMG_0954.jpg

 え~、コロナウイルスの影響で、土日は自宅待です・・・そのため、久しぶりに「1週間更新」をしてみました~

 仕事的にも、年度末の大山を超えたので、少し気分的にも楽になってきたので、ブログへのモチベーションが上がってきましたよ・・・まだまだ紹介していないテープが山のようにあるので、今後も頑張ります~

 では、今週はこちらを紹介です!!


IMG_0961.jpg

 今回は、東京のB-BoyシーンをDJとして牽引し、日本のHipHopの拡大に大きな貢献を果たしたDJ/Producerである「DJ Beat(ビート)」さんによる、B魂満載なミックス作品を紹介します!

 まず、Beatさんについては、1年半前ぐらいに紹介をした記事があるので、そちらでご確認ください・・・というか、先に読んでいただけると、以下の記事が説明しやすくなるので、お暇な方は必ず読んでくださいね!

●DJ Beat 「東京ビーボーイズ 15thアニバーサリー」


 では、仕切り直しで、まずはBeatさんのバイオを簡単に紹介しましょう!

 Beatさんは、HipHopに魅せられて80年代初頭よりDJ活動をされていたお方で、今回のテープの範囲で重要となるのは、原宿歩行者天国で活動をしていたに「東京ビーボーイズ」のDJをされていたお方になります。

 東京ビーボーイズと言えば、日本においてブレイクダンスを流行らせたグループの一つと言われ、Crazy-Aさんを筆頭に、原宿のホコ天を拠点に活動をされていたグループになります。
 そして、このグループが重要だったのは、ダンスだけに特化をせず、あくまでも「HipHop」という文化を表す活動をしてたことで、当然ながらブレイクダンスに加えて、DJ、MC、グラフティーといったHipHopの4大要素を含んだ活動をされていました。

 そう、この活動があったからこそ「日本でHipHopが育っていった」と言っても過言ではありません!

 それぞれの要素のことは、ここでは割愛しますが、DJ的な部分だと、それこそ、目の前のブレイクダンサーを躍らす選曲だったり、クリエイティブなDJミックス、そしてスクラッチや2枚使いの技のを競い合い等、それが日本のHipHopのDJのレベルを上げ、シーンを広げたと言われています。
 この辺の話は「日本のHipHopの研究本」を読んでいただけると分かるかと思います・・・うん、日本のHipHopも、実は路上から始まった点が嬉しいですね!


 そして、この作品のことに触れると、紹介した東京ビーボーイズが拠点としていた原宿で、前述したHipHopの4大要素を盛り上げるために、1998年より開催をしていたフリーイベント「B-Boy Park(ビーボーイパーク)」を盛り上げるために、宣伝的にリリースされたのがこのテープになるようです。
 だいぶ、見づらい写真で恐縮ですが、上の写真は、テープのインデックスの一部にかかれたイベントの告知です・・・この年からB-Boy Parkの名物にもなったMCバトルが開始したんですね・・・

 テープ的には、以前紹介したテープの流れでリリースされたと思われ、当時、私自身はリリースされたことには気づきませんでしたが、結構な本数が売れていたと思われます・・・

 なお、当時の私(高校三年生)も、どうやら2日目の8月21に(土)には行っているようですが、あまり記憶がない・・・(^^;)
 まだまだ、この頃はBにもなり切れず、大人にもなり切れず、あのような大勢のBな輩の中に入るのが怖かったんですね・・・なので渋谷のユニオンの帰りに、少しだけ見学した自宅派Bボーイだったようです・・・(^^;)


IMG_0958.jpg
IMG_0960.jpg

 では、作品の紹介です~

 この作品は、タイトルの「80's...Club Hits」が示す通り、80年代の曲を中心とした選曲/DJミックスとなっており、当時のダンサーの汗の匂いがする、素敵な内容となっています!

 選曲の方向性としては、Old School~Middle SchoolなHipHopを中心にしつつ、幅広い選曲が魅力的です・・・

 それこそ、Bボーイ全盛な80年代前半の曲は多く、「Afrika Bambaataa & Soul Sonic Force / Planet Rock」「West Street Mob / Break Dance - Electric Boogie」のようなエレクトロ~808サウンドを中心に、純粋なBボーイなら「つい体が動いちゃう」感じの選曲が多く、最高です!
 
 もう、West Street Mobの曲名どおりです・・・ブレイクダンスです!!

 オリジナルのBボーイたちは、こういった曲で踊っていたんですよね・・・

 うん、理由はない、聞いてたら体が動いちゃう「強烈なビート」な曲を多く選曲してて、Beatさん、流石だな~と思いました!


IMG_0955.jpg
IMG_0956.jpg

 ただ、このテープを聞いて、当時の若手Bボーイの中では、「なんでHipHop以外もあるんだろう?」と思った方も多いのではないかと思います・・・
 
 それこそ、いわゆる歌モノも多く、あのMadonnaをVocalに迎えたヒット曲「Jellybean / Sidewalk Talk」のようなPops~R&Bだったり、ブレイクビーツクラシックな曲として「Vaughan Mason And Crew / Bounce, Rock, Skate, Roll」のような古い曲もプレイされています・・・

 うん、この辺はBeatさん「だから」の選曲ですよね!!
 
 まず、前者のPops~R&Bの曲であれば、当時のBボーイは、それこそ路上だけで踊っていたわけではなく、当時のディスコにも行ってたそうで、その辺の流れからの選曲だと思いました!

 当時のディスコは、ほんと色々な曲がプレイされてて、いわゆる黒い選曲もあり、当時のBボーイにもそれなりの影響があったと思われます・・・
 特に、例示したJellybeanなんかは、クラブ(=路上)でも、ディスコでも支持された曲でしょうから、実際にこの今日に合わせて踊ってたBボーイがいて、BeatさんもDJでプレイされてたんだろうな・・・と思いました!

 また、後者の古い曲=ブレイクビーツの選曲は・・・もちろん、HipHopの基礎となった曲なわけですから、選曲されて当然です!!

 もう、バキバキの2枚使いがカッコよく、その2枚使いによりBボーイたちが踊っている姿が目に浮かびます(^0^)

 例えば、Vaughan Masonであれば、ノリの良いところで2枚使いを入れてきて、それによって「グルーブが変わる」んですね・・・これこそDJで、人を躍らすためのスキルが最高です!
 なお、この後に「Queen / Another One Bites the Dust」を選曲し、2枚を入れてから「Chic / Good Times」に繋いでいくのですが、The Adventures Of Grandmaster Flash On The Wheels Of Steelと同じスクラッチ&構成でミックスをしてくる辺りに、さらなるBボーイ愛を感じてしまいました!!



 そんなわけで、ザーッとの紹介ですが、トータルで考えるとジャンルレスでありながら「Bボーイ愛」に満ち溢れた作品となっており、Beatさんの選曲の深さ、ミックスのレベルの高さが感じられます!

 中古では、割と買いやすい作品かと思いますので、是非、手に取ってくださいね~

 あと、個人的なブログの目標にもなりますが、今年は、今回の作品のように「内容が良いのに、なかなか知られていない作品」を多く紹介していきたいと思います・・・
 うん、こういった作品ほど、作ったDJの「熱さ」が入っているんですね・・・この熱さを紹介できるように、今後も精進していきますね!!




<Release Date>
Artists / Title : DJ Beat 「B-Boy Park '99 presents 80's...Club Hits」
Genre : HipHop、R&B、Pops、Soul、Funk、RareGroove・・・
Release : 1999年
Lebel : 東京ビーボーイズ No Number




-----------------------------------------
<独り言>

 今週はお休みです・・・というか、私たちは、いつ、ユニオンに行ける日が来るんでしょうかね??

 う~ん、平日に行くしかないか・・・仕方がない・・・

 ほんと、ユニオン的にも、GWの前までには落ち着いてほしいですよね・・・今年のセールはどうなるんでしょうか???







 
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック